[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米国で衝撃の内野ゴロが誕生 打球がめり込んだ場所に米実況席も混乱「球の1/3が…」

米マイナーリーグで“奇跡の内野ゴロ”が生まれ、ファンに衝撃を与えている。17日(日本時間18日)の3Aの試合。まさかの事態に米紙も注目し「最もユニークなプレー」として脚光を浴びせたほか、SNS上でも大きな話題を呼んでいる。

米マイナーリーグで生まれた“奇跡の内野ゴロ”が話題だ(写真は「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターから)
米マイナーリーグで生まれた“奇跡の内野ゴロ”が話題だ(写真は「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターから)

「ニューヨークポスト」が注目「最もユニークなプレー」

 米マイナーリーグで“奇跡の内野ゴロ”が生まれ、ファンに衝撃を与えている。17日(日本時間18日)の3Aの試合。まさかの事態に米紙も注目し「最もユニークなプレー」として脚光を浴びせたほか、SNS上でも大きな話題を呼んでいる。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 米大リーグ(MLB)のガーディアンズ傘下クリッパーズと、同タイガースの傘下マッドヘンズの一戦。2回、アーニー・クレメント(クリッパーズ)の打席だった。バットを振り抜くと、打球は真下へ。するとバウンドすることなく、そのままグラウンドにめり込み、埋まってしまったのである。本塁ベースからわずか数十センチという距離だった。

 珍しい光景に米紙「ニューヨークポスト」も注目。「マイナーリーグで生まれた内野ゴロは実に奇妙だ」と見出しを打って報じた。「最もユニークなプレー」と表現し、現地実況の言葉も紹介。「クレメント……冗談ですか?」「リプレイを見たら、球は全くバウンドしていません。3分の1が埋まっています!」と驚き、混乱した様子だったという。

 記事によると、捕手のダスティン・ガルノーが球を拾い上げ、打者はタッチアウトとなったという。また米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは実際の映像を投稿。試合はマッドヘンズが4-0で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集