[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に元球宴選手もビビった シフト無関係の豪快27号に絶句「打った瞬間悟った」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場し、5打数4安打4打点の大暴れ。9回に豪快2ランを放ったが、地元中継局の解説は「マイ・オー・マイ」と驚嘆モードの後、大絶賛している。

27号2ランを放った大谷翔平【写真:ロイター】
27号2ランを放った大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ戦で4安打4打点の大活躍

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場し、5打数4安打4打点の大暴れ。9回に豪快2ランを放ったが、地元中継局の解説は「マイ・オー・マイ」と驚嘆モードの後、大絶賛している。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が意地を見せた。9回1死二塁の場面で右腕フェスタの投じたスライダーを完璧に捉えた。左中間フェンスを越える27号。7-11で敗れたが、この日4安打と一人気を吐いた。

 MLBの公式YouTubeで生中継された一戦で、実況のスコット・ブラウン氏が「左中間に飛ばした。(外野手は)フェンスまで来たが、入った!」と絶叫。さらに2017年、アスレチックス時代に球宴に選出されている解説のヨンダー・アロンソ氏は「マイ・オー・マイ(なんてことだ)」と豪快な一撃に絶句した。

 ブラウン氏が「オオタニが今季27号です。MVPへの根拠を自ら示しました!」とさらにテンションを上げる中、アロンソ氏は再び「マイ・オー・マイ」と口にし、ダイヤモンドを軽やかに駆け抜けた二刀流に「何て才能だ! 何ていう野球選手なんだ!」と称賛していた。

 さらにアロンソ氏は「完璧なる破壊です。打った瞬間に悟ったはずです。打球音がスペシャルでしたから」と脱帽。マリナーズの内野守備は一、二塁間を固める極端な大谷シフトだったが、実況は「シフト敷いとけ(という感じですね)」と対策を打ち破るパワーに最敬礼を送っていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集