[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

27号大谷翔平、孤軍奮闘で悲しい記録が誕生 三塁打&本塁打なら過去26勝0敗だった

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。9回に27号2ランを放つなど4安打4打点の大暴れを見せたが、チームは7-11で敗れた。孤軍奮闘の大谷が生んだ10年ぶりの“悲しい記録”を米記者が紹介している。

マリナーズ戦で4安打4打点と大暴れしたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
マリナーズ戦で4安打4打点と大暴れしたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ戦で4安打4打点もチームは敗戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。9回に27号2ランを放つなど4安打4打点の大暴れを見せたが、チームは7-11で敗れた。孤軍奮闘の大谷が生んだ10年ぶりの“悲しい記録”を米記者が紹介している。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 連日の猛打賞も実らなかった。大谷は初回に右前打を放つと、5回に中前適時打、7回には適時三塁打。さらに6点を追う9回1死二塁の場面では、低めの変化球をセンター方向にはじき返して27号2ラン。豪快な一打で歓声を浴びた大谷は、表情を変えることなくダイヤモンドを一周した。

 それでもチームは2桁失点で敗れて3連敗。大谷は15日(同16日)のマリナーズ戦で二刀流出場し、6回97球の力投で2失点と好投するも勝てず。前日も3安打を放っていたが、この日の敗戦でチームは3連敗となった。

 MLB公式サイトのポール・カゼッラ記者は「1人の選手が三塁打と本塁打を含む4安打4打点以上を記録したにも関わらず、チームが負けたのは、2012年5月11日のカルロス・ベルトラン以来」と、大谷がこの試合で生んだ悲しい記録をツイッターで紹介している。ベルトラン以降、同じケースでは「26勝0敗だった」という。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集