[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス戦でまさかの誤審 3ボールなのに四球判定の球審「初球を忘れてしまった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)のマリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発。投げては6回7安打2失点と粘りの投球を見せたが、チームは2-6で敗れた。この試合では3ボールなのに四球と判定される“誤審”も発生。球審の言い分を米メディアが伝えている。

3番手で登板したエンゼルスのアーロン・ループ【写真:Getty Images】
3番手で登板したエンゼルスのアーロン・ループ【写真:Getty Images】

球審が誤審を反省も「エンゼルスはチャレンジできた」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)のマリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発。投げては6回7安打2失点と粘りの投球を見せたが、チームは2-6で敗れた。この試合では3ボールなのに四球と判定される“誤審”も発生。球審の言い分を米メディアが伝えている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が試合を作り、2-2の同点で迎えた9回だった。エンゼルスはマウンド上に3番手ループ。1死一塁でサンタナと対戦した。初球からボール、ストライク、ストライク、ボールと判定され、カウント2-2からの5球目はボール。これでフルカウント……かと思われたが、なぜか打者サンタナは一塁へ。ラズ・ディアス球審も四球と判定したのか、打席に呼び戻すことはなかった。

 これで出塁を許してしまい、傷口を広げたエンゼルスはその後4失点。守備の乱れが大きかったが、防げたかもしれない失点の要因を作ってしまった。

 米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」によると、「混乱の中、ディアス球審はカウントを見失った。試合後に認めている」と、ディアス球審がカウントを間違えたとしている。4球目の後、打者のサンタナにカウントが3-1かと確認され、2-2だと伝えたものの「初球のコール(がどちらか)を忘れていて、もしかすると3-1かもしれないと思った」と迷いが生まれたという。

「球数が多くて、初球を忘れてしまった。盗塁の際にストライクのコールをしたことは覚えているが、その前は思い出せなかった。ストライク1球を私は台無しにしてしまった」とディアス球審は反省を口にしたという。

 なお記事では、エンゼルスのネビン監督代行曰く、エンゼルスはディアス球審にカウントを確認。4球目の後について「ディアスは3-1だと主張したが、スコアボードは2-2を示していた」としている。さらに「ディアスは、エンゼルスはチャレンジできた、そうすれば審判団は集まって、カウントを修正したと話している」とも伝えられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集