[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

馬場咲希「アメリカから帰りたくない(笑)」 日本勢37年ぶり全米女子アマVに喜び語る【会見一問一答】

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝で21歳のモネ・チュン(カナダ)を11アンド9で破って優勝。122回目の歴史ある大会で、日本勢では1985年の服部道子以来、37年ぶりの快挙を成し遂げた。試合後、日本メディア向けのリモート会見で「アメリカから帰りたくないです(笑)」などと心境を語った。

優勝トロフィーとポーズをとる馬場咲希【写真:馬場の父・哲也さん提供】
優勝トロフィーとポーズをとる馬場咲希【写真:馬場の父・哲也さん提供】

全米女子アマ選手権最終日

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝で21歳のモネ・チュン(カナダ)を11アンド9で破って優勝。122回目の歴史ある大会で、日本勢では1985年の服部道子以来、37年ぶりの快挙を成し遂げた。試合後、日本メディア向けのリモート会見で「アメリカから帰りたくないです(笑)」などと心境を語った。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 会見で馬場は、今月24日からフランスで開催されるエスピリトサントトロフィー世界女子アマチュアゴルフチーム選手権に出場することを明かした。以下、一問一答。

――今日は前半で7UPにしました。

「7UPにした時は実感がなかったのですが、このままアップし続けて、早く勝ちたいなと思いました」

――今日は何が良かったですか。

「パットが思い通りに打てました。相手にプレッシャーを与えられたと思います」

――ハウスキャディーとの相性が良かったですね。

「すごく良かったです。グリーンの傾斜がきつかったのですが、どこに打てばいいかを教えてくださって、とても助かりました」

――この優勝で、いろんな可能性が広がりましたね。

「来年の全米女子オープンがペプルビーチで開催されると知っていたので、出られることになって本当にうれしいです。また、アメリカに来たいです」

――朝、起きた時はどんな気分でしたか。

「ここまで来たら勝つしかないと思いました。プレー中は『勝つんだ』と言い聞かせて、自信を持ちながらやりました」

――アメリカは気に入りましたか。

「はい。今、アメリカから帰りたくないです(笑)。(米国の)大学にも行きたいけど、まだ分からないです。(米国の)ツアーには出たいです」

――この試合に来る前は勝てると思いましたか。

「アメリカのアマチュアのレベルが分からなかったのですが、大学生が出るからレベルが高くなると感じていました。もちろん、優勝は目指していましたが、本当に優勝してビックリしています」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集