[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希に完敗 カナダ選手は衝撃Vを称賛「張り合うのは難しい」「見ていて圧巻」

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)がマッチプレー決勝で21歳のモネ・チュン(カナダ)を11アンド9で破り、日本勢では1985年の服部道子以来、37年ぶりの優勝を果たした。敗れたチャンは「見ていて圧巻」と馬場を称賛。「張り合うのは難しいものでした」と語ったという。

優勝トロフィーを手に笑顔をみせる馬場咲希【写真:馬場の父・哲也さん提供】
優勝トロフィーを手に笑顔をみせる馬場咲希【写真:馬場の父・哲也さん提供】

全米女子アマチュア選手権、馬場は日本勢37年ぶり2人目の優勝

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)がマッチプレー決勝で21歳のモネ・チュン(カナダ)を11アンド9で破り、日本勢では1985年の服部道子以来、37年ぶりの優勝を果たした。敗れたチャンは「見ていて圧巻」と馬場を称賛。「張り合うのは難しいものでした」と語ったという。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 4歳上の相手もお手上げの強さだった。前半18ホールで一気に7UPとリードを奪った馬場。後半も止まらない。序盤の2、3番こそ今年のカナダ女子アマを制した21歳チュンに取り返されたが、5番パー4で見事なチップインバーディーを奪うなど4番から怒涛の6ホール連続でポイント奪取。9ホールを残して優勝を決める衝撃の強さで、喜びを爆発させた。

 米ワシントン州地元紙「タコマ・ニュース・トリビューン」は、敗れたチュンについて「時に差を縮めるチャンスもあったが、パットに苦しみ、勢い付くことはできなかった。彼女は敗れたが、ババのプレーを称賛している。日曜のファイナルに出場出来たことも感謝している」と記している。

 記事ではチュンのコメントも紹介。「自分がここにいることは想像できていなかったです」「ミシガン州やカナダを代表できることは大変な誇りです」と殊勝に語ったとされており、馬場については「私は(馬場に)付いていこうと思いましたが、見ていて圧巻でした」「彼女は全てのピンを狙い、全てのパットを決めていました。張り合うのは難しいものでした」と完敗を認めていたという。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集