[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスからトレード移籍後負けなしの右腕、元選手が称賛「毎晩勝つ機会与えてる」

米大リーグ・フィリーズのノア・シンダーガード投手は10日(日本時間11日)の本拠地マーリンズ戦に先発。6回6安打2失点4奪三振の力投で、勝ち星こそつかなかったものの、4-3の勝利に貢献した。エンゼルスからトレード移籍後2試合に登板して負けなし。チームも7連勝すると、元MLB選手も「毎晩勝つチャンスをチームに与えている」と称賛した。

フィリーズのノア・シンダーガード【写真:ロイター】
フィリーズのノア・シンダーガード【写真:ロイター】

シンダーガードがフィリーズ移籍後負けなし

 米大リーグ・フィリーズのノア・シンダーガード投手は10日(日本時間11日)の本拠地マーリンズ戦に先発。6回6安打2失点4奪三振の力投で、勝ち星こそつかなかったものの、4-3の勝利に貢献した。エンゼルスからトレード移籍後2試合に登板して負けなし。チームも7連勝すると、元MLB選手も「毎晩勝つチャンスをチームに与えている」と称賛した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 シンダーガードは、2回と4回に1点を奪われるも、シンカーとスライダーを軸に粘り強いピッチングで6回を投げ切った。すると8回、今季のサイ・ヤング賞候補にも名前の挙がる、サンディ・アルカンタラを攻めあぐねていた打線が奮起。エンゼルスからトレードで加入したブランドン・マーシュの適時打などで一挙に3点を追加し逆転した。

 MLB公式テレビ局「MLBネットワーク」の公式YouTubeチャンネルは「フィリーズが7連勝 ここ15試合で13勝」と題した動画を公開。現役時代ブレーブスなどで活躍し、2009年WBCで米国代表としてプレーしたマーク・デローサ氏は、動画の中で「シンダーガードはメッツ時代の様にローテーションのトップ選手ではないかもしれないが、毎晩勝つチャンスをチームに与えている」と右腕を称賛していた。

 フィリーズはこの試合で7連勝を達成。翌日の同カードで0-3と敗れたものの、プレーオフ進出へ向けて前進している。フィリーズ移籍後、2試合で先発し1勝0敗のシンダーガードは、新戦力として早くも貢献しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集