[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平1戦2発の裏で…勝てないエンゼルスが“負の記録” MLB史上初の珍事を米報道

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・DH」で先発し、23号と24号のソロ2発を放った。5打数3安打2打点で日本人歴代2位のイチローに並ぶメジャー通算117本塁打としたが、チームは7-8で敗れた。エンゼルスが1試合ソロ7発を放ったのは球団新&メジャータイ記録だったが、これで敗れるのはMLB史上初。米メディアが“負の記録”を報じている。

エンゼルスの大谷翔平(左)とフィル・ネビン監督代行【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平(左)とフィル・ネビン監督代行【写真:ロイター】

大谷翔平が23&24号も敗戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・DH」で先発し、23号と24号のソロ2発を放った。5打数3安打2打点で日本人歴代2位のイチローに並ぶメジャー通算117本塁打としたが、チームは7-8で敗れた。エンゼルスが1試合ソロ7発を放ったのは球団新&メジャータイ記録だったが、これで敗れるのはMLB史上初。米メディアが“負の記録”を報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 何発も打ち上がった花火は儚く消えた。エンゼルスは5、8回以外にソロを7発。走者のないところで打ちまくった。しかし、投手陣が3回に6点を失って7-8の敗戦。大谷の奮闘も実らず、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「ショウヘイ・オオタニが2本塁打 エンゼルスが7本塁打でアスレチックスに敗戦し、MLB記録に並ぶ」とした。

 記事では「エンゼルスはアスレチックス戦で7本塁打を放ち、敗戦時の本塁打数のメジャー記録に並んだ。7本塁打を記録して敗戦したのは6チーム目」と説明。「エンゼルスは1試合で7得点以上を記録し、全てがソロ弾だった史上初のチームとなった」と付け加えた。7得点以上を奪い、その全てがソロ本塁打の時点でMLB初。かつ、敗れたことで“負の記録”になってしまった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集