[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の去就にNYポスト紙が新たな報道「エ軍が超大型トレードの可能性受け入れる」

8月2日にトレード期限が迫り、米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の去就に注目が集まっているが、米紙「ニューヨーク・ポスト」は放出拒否の方針が伝えられていたエンゼルスが他球団のトレード話に耳を傾け始めたと報じている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

28日付の記事で報道「初めてオオタニのトレードオファーに耳を傾ける」

 8月2日にトレード期限が迫り、米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の去就に注目が集まっているが、米紙「ニューヨーク・ポスト」は放出拒否の方針が伝えられていたエンゼルスが他球団のトレード話に耳を傾け始めたと報じている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

「エンゼルスがショウヘイ・オオタニのブロックバスター(超大型)トレードの可能性を受け入れる」との見出しで特集したのは、28日付の米紙「ニューヨーク・ポスト」。ジョン・ヘイマン氏とジョエル・シャーマン氏という名物記者2人の共同執筆で報じられている。

「エンゼルスがショウヘイ・オオタニのトレードオファーに耳を傾けるのは、これが初めてかもしれない。複数の球団が二刀流の怪物のディールに関する電話をかけているが、ユニークなスーパースターを含むトレード話はかなりあり得ないように見えるが、エンゼルスは電話を切っていない」

 このように記し、これまで残留濃厚と報じられていた大谷について、エンゼルスはまだ交渉の窓口を締め切っておらず、初めて「耳を傾けた」と指摘した。

 開幕1か月は快進撃を演じたが、以降は急降下しているエンゼルス。14年以来のポストシーズン進出が厳しい状況にあり、記事では「全選手のオファーに耳を傾ける必要がある」と指摘。トレード拒否条項を契約に盛り込んでいる長期契約のマイク・トラウト外野手以外の選手はトレード要員になるとした。

 一方、大谷獲得をエンゼルスに申し出たという他球団の幹部2人は、現場介入の傾向が強いというエンゼルスオーナー、アート・モレノ氏の意向から、大谷トレードについて「かなり薄い」「ゼロに近い」と話し、別の球団幹部は「彼らはトッププロスペクト4人くらい要求している」と障壁の高さを証言したという。

 エンゼルスが仮に交渉の席についたとしても、二刀流の大谷に見合うトレード要員がネックとなり、現実的には難しいというのが実情のようだ。

 記事では、大谷獲得の可能性がある5球団を記述。ナショナルズからの巨額オファーを断り、トレード要員となったファン・ソト外野手の獲得を狙い、マイナーに有望株が充実している球団を根拠に、パドレス、レンジャーズ、ドジャース、カージナルス、マリナーズを挙げている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集