[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス戦で仰天アウト 右翼手の“胸トラップ”に古参ファンも「60年野球見て初だ」

米大リーグ・エンゼルスの守備陣が“胸トラップ”でもぎ取ったアウトが話題だ。23日(日本時間24日)の敵地ブレーブス戦で生まれた珍プレーに米ファンから「大爆笑」「60年野球を見ているが初めて見た」など反響が集まっている。

エンゼルスのステファニック(左)とアデルの珍しい守備連携が話題に【写真:Getty Images】
エンゼルスのステファニック(左)とアデルの珍しい守備連携が話題に【写真:Getty Images】

エンゼルスの右翼手と二塁手が見せた“珍連携プレー”とは?

 米大リーグ・エンゼルスの守備陣が“胸トラップ”でもぎ取ったアウトが話題だ。23日(日本時間24日)の敵地ブレーブス戦で生まれた珍プレーに米ファンから「大爆笑」「60年野球を見ているが初めて見た」など反響が集まっている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 連携が生んだアウトだった。7回無死二塁、ブレーブスの攻撃。オースティン・ライリーが二塁手のマイケル・ステファニックの後方に飛球を打ち上げた。これに右翼を守っていたジョー・アデルも前進。両者ともに捕球態勢に入ったが、最終的にアデルが捕球を試みた。しかし、打球がアデルの胸部に直撃。それでも咄嗟に反応したステファニックが、芝生に落ちる前に捕球。なんとかアウトをもぎ取った。

 もともと守備に課題があったアデルの“胸トラップ”に米ファンも反応。米ジョージア州地元中継局「バリースポーツ・サウス」のレポーター、ポール・バード氏が「スコアブックには9-4と書く」と記して、実際の映像を自身のツイッターに公開した。コメント欄には「大爆笑」「クレイジープレー」「チームワーク」「恥ずかしい」などと反響が寄せられ、なかには「60年野球を見ているが初めて見た」と年配ファンとみられる驚きもあった。

「1番・指名打者」で先発出場した大谷翔平投手は5回の第3打席で後半戦1号となる20号ソロを放つなど4打数2安打1打点の活躍。それでも2-7で敗れ、5連敗を喫した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集