[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

以前は「口論しても必ず負ける状態」 北口榛花、やり投げ王国チェコ人コーチと深めた絆【世界陸上】

オレゴン世界陸上は20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子やり投げ予選では、日本記録保持者の24歳・北口榛花(JAL)が1投目に64メートル32を投げ、一発で22日(同23日)の決勝に進出。59メートル15で全体11位だった初出場の22歳・武本紗栄(佐賀スポ協)とともに日本勢11年ぶりのファイナルに進出した。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

世界陸上、女子やり投げで決勝進出を決めて喜ぶ北口榛花【写真:ロイター】
世界陸上、女子やり投げで決勝進出を決めて喜ぶ北口榛花【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子やり投げ予選では、日本記録保持者の24歳・北口榛花(JAL)が1投目に64メートル32を投げ、一発で22日(同23日)の決勝に進出。59メートル15で全体11位だった初出場の22歳・武本紗栄(佐賀スポ協)とともに日本勢11年ぶりのファイナルに進出した。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 北口は大興奮だった。「行きまーす!」。いつもの甲高い声を張り上げた。オレゴンの空に描いた放物線。1投目にいきなり今季ベスト64メートル32をマークした。無条件で決勝進出となる62メートル50を大きく超える投てき。くるりと振り返り、両手を挙げて飛び跳ねながらスタンドへ一直線だ。あまりの喜びように米実況席から笑い声が漏れる。出迎えたセケラックコーチとハイタッチを交わした。

「前回の世界陸上は6センチ差で予選落ちしたので、予選に集中して臨んだ。前の組があまり記録が出ていないのが見えていたので、しっかり60メートルを超えれば残る自信はあった。62メートル50という数字にとらわれずに投げられたのがよかった」

 前日まで助走で調子を崩していたため、助走距離を1メートル手前に修正。好調だったシーズン序盤の形に戻した。「1メートルなので、やりの半分もある。凄く不安でいろんな人に『1メートルも変えるんだけど』と相談してました」と持ち前の笑顔で明かした。今季自己ベストには「あまり凄い飛んだ感じはしなかったけど、64という数字を超したかったけど超えられなかった。今日超えられてよかった」と頷いた。

 やり投げ王国チェコのジュニア世代でナショナルコーチを務めるセケラック氏に、2019年から師事。最初は厳しい練習についていくのがやっとだった。コーチは絶対的存在だっただけに、意見をぶつけた際は「口論しても必ず負けるような状態」と一方通行。しかし、徐々に関係性を高め、東京五輪以降は受け入れてくれるようになった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集