[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、倒れて動けずファン「初めて見たかも」 体力使い果たしたレース後に注目【世界陸上】

オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、田中希実(豊田自動織機)が15分00秒21の2組9着。各組上位5着+5人のタイムで拾われ、23日(同24日)の決勝に2大会連続進出を決めた。全力を尽くしたレース後、トラックに倒れこんでしばらく動けず。この姿に日本のファンも「初めて見たかも」と驚いていた。

世界陸上、女子5000メートルで決勝進出を決めた田中希実【写真:Getty Images】
世界陸上、女子5000メートルで決勝進出を決めた田中希実【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、田中希実(豊田自動織機)が15分00秒21の2組9着。各組上位5着+5人のタイムで拾われ、23日(同24日)の決勝に2大会連続進出を決めた。全力を尽くしたレース後、トラックに倒れこんでしばらく動けず。この姿に日本のファンも「初めて見たかも」と驚いていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 出し尽くした。田中は先頭集団でレースを進めたが、ラスト2周で遅れ始める。それでも何とか粘って組9着。全体14着となって決勝進出を決めた。体力を使い果たしたレース後は、トラックに倒れこみ、息を切らしてしばらく動けなかった。

 本人も取材で「ラスト600メートルの時点でかなり限界が来ていた」と明かしていたが、日本のファンもこの姿に驚いた様子。ツイッター上には「ゴール後に倒れ込む田中希実初めて見たかも」「こんな苦しそうなゴール後は見たことがない」「それくらいきついレースだったんだね」「そんな消耗している田中を見た事がない…」「ゴール後に崩れ落ちる姿を初めてみた」「ゴール後にあんな苦しそうにするの初めて見たかも」などと書き込まれていた。

 田中はこの種目では2大会連続の決勝進出。この日で今大会3本目のレースとなり、21日(同22日)には800メートル予選を控えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集