[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ全英OP最終日に5cmで逃した幻のアルバトロスが話題「あと少しで歴史作れたのに」

米男子ゴルフの今季メジャー第4戦、全英オープンは17日に最終日が行われ、世界ランク6位のキャメロン・スミス(オーストラリア)が通算20アンダーのコースレコードでメジャー初制覇を果たした。英スコットランドの名門セントアンドリュース・オールドC(7313ヤード、パー72)で行われた150回目の記念大会は大きな盛り上がりを見せたが、その中で14番パー5の“幻のアルバトロス”が話題になった。

全英オープン、通算10アンダーで15位となったザンダー・シャウフェレ【写真:ロイター】
全英オープン、通算10アンダーで15位となったザンダー・シャウフェレ【写真:ロイター】

全英オープン最終日に注目を集めたシャウフェレの一打

 米男子ゴルフの今季メジャー第4戦、全英オープンは17日に最終日が行われ、世界ランク6位のキャメロン・スミス(オーストラリア)が通算20アンダーのコースレコードでメジャー初制覇を果たした。英スコットランドの名門セントアンドリュース・オールドC(7313ヤード、パー72)で行われた150回目の記念大会は大きな盛り上がりを見せたが、その中で14番パー5の“幻のアルバトロス”が話題になった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 深いラフと点在するポットバンカー、さらにグリーン上の複雑なアンジュレーションなど、世界のトッププロたちを悩ませた名門コース。その条件を逆に利用したスーパーショットを見せたのが、前週のジェネシス・スコティッシュ・オープンで優勝して乗り込んできたザンダー・シャウフェレだった。

 シャウフェレがギャラリーを大いに沸かせたのは604ヤードの14番パー5。フェアウエーから放った第2打はグリーンの手前に落ちると、大きく跳ねてカップに向けて一直線に転がっていった。ボールはラインに乗ったかに見えたが、ボール1個分、5センチほど逸れてカップの横を通過。入ればアルバトロスという一打でギャラリーを沸かせた。

 PGAツアーの公式ツイッターはこのショットの動画を公開。映像を見たファンからは「惜しい~」「正確なショット」「アルバトロス見たかった」「あと少しで歴史作れたのに」と称賛と無念が入り混じったコメントが寄せられた。一般的に、パーから3打少ないアルバトロスが達成される確率は100万分の1とも200万分の1とも言われているだけに、興奮して当然のプレーだった。

 シャウフェレはこのホールでしっかりとイーグルを奪い、通算10アンダーで15位フィニッシュ。初日にも17番パー4で舗装されたカート道から第3打を打って大きな注目を集めており、順位以上に存在感を見せた大会となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集