[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、辛口NYメディアも衝撃の提言 「ファーム有望株を全放出」してでも交換熱望

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」で先発出場した。今季も二刀流の奮闘で2年連続のMVP候補に浮上する中、辛口で知られるニューヨークメディアはヤンキースとメッツに対して、トレードで大谷を獲得するためにファームシステムの有望株を全放出することを提言している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

「オオタニが移籍市場に出たら」というテーマでNYメディアが議論

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」で先発出場した。今季も二刀流の奮闘で2年連続のMVP候補に浮上する中、辛口で知られるニューヨークメディアはヤンキースとメッツに対して、トレードで大谷を獲得するためにファームシステムの有望株を全放出することを提言している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 二刀流のスーパースターの去就問題はニューヨークでも注目されていた。メッツ戦を中継する地元放送局「SNY」では、「8月2日のトレード期限で大谷が獲得可能になった場合」というテーマで議論。司会のサル・リカタ氏は「エンゼルスはまたしてもどうにもなりません。エンゼルスは来季までしかオオタニの保有権がありません。もし、彼が移籍市場に出たら、メッツやヤンキースは全力で、オオタニと引き換えにファームシステムを差し出すべきか」と問いかけた。

 これに対し、ブリット・ジロリ記者は「そうです。間違いないわ。なぜなら、打者と投手を一度に獲得できるのだから」と同調。「今、優勝を狙う球団だったら、全てを注ぐべき。あんな世代に一人の才能を獲得できるなんて想像してみてください」と力説した上で、「迷うまでもない」とファームシステムの有望株全員と引き換えにしてでも大谷の獲得を提言した。

 一方、ジョン・ヤストレムスキ記者も「(大谷獲得に全てを注ぐ?)1000%だ! 彼はゲームチェンジャーで、違いを出せる男。マウンドでの活躍、打席での活躍、そして、ボックスオフィス的な魅力ですよ!」とプロスペクトの全放出案に賛同した。

 続けて「私はただただ信じられませんよ。来年が契約の最終年ですが、エンゼルスはここ7、8年で大失敗を繰り返している。トラウトとオオタニの全盛期でありながらですよ!」とエンゼルスの体たらくに苦言。「どうしたら放出できるんですか? 普通は放出できません。でも、もし、彼を獲得できるのなら、そうです。電話をかけるんです」と獲得に全力を挙げるべきと力説した。

 司会のリカタ氏は「エンゼルスでイライラするのは、ベストプレイヤー2人が勝てないこと。東海岸に彼を連れてきて、メッツかヤンキースで毎夜見られるなら最高ですね」と興奮モード。大谷のニューヨーク移籍を大歓迎していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集