[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス、大谷翔平登板日以外10連敗 明日先発にファン「また連敗ストッパーに…」

米大リーグのエンゼルスは12日(日本時間13日)、本拠地アストロズ戦に5-6で競り負け5連敗。これで大谷翔平投手の登板を除けば10連敗に。大谷はまたも連敗ストップの期待を背負い、13日(同14日)の本拠地アストロズ戦に先発する。

アストロズ戦に先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズに競り負け5連敗、先発シンダーガードが5回途中3失点で降板

 米大リーグのエンゼルスは12日(日本時間13日)、本拠地アストロズ戦に5-6で競り負け5連敗。これで大谷翔平投手の登板を除けば10連敗に。大谷はまたも連敗ストップの期待を背負い、13日(同14日)の本拠地アストロズ戦に先発する。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷が投げなければ、エンゼルスが勝てない。この日の先発は昨オフに加入したノア・シンダーガード投手。初回に2ランで先取点を奪われるなど、5回途中3失点で降板した。それでも打線は4点を追う7回につながり、相手の拙守もあって同点に。しかし、最近は不安定な投球が続く守護神ライセル・イグレシアス投手が9回に決勝点を奪われた。大谷は2打数無安打2四球。なお、主砲のマイク・トラウト外野手は途中交代で退いている。

 数字以上にダメージが残る5連敗。地区首位アストロズとは20ゲーム差となった。これでエンゼルス戦はシンダーガードが勝ち投手となった6月27日(同28日)のホワイトソックス戦を最後に大谷の先発登板を除けば、10連敗に。その間に2勝を挙げた大谷は、4連敗で止めた前回5日(同6日)の敵地マーリンズ戦に続き、5連敗ストップをかけて明日13日(同14日)の本拠地アストロズ戦に登板することになる。

 ツイッター上でこの事実に注目している日本人ファンも多く、「大谷先発以外は全敗じゃないか」「7月大谷先発以外全敗継続」「大谷さんがまた連敗ストッパーになることだけを願う」「これじゃ大谷は完投しなければ勝てないじゃないか」「14連敗を止め、4連敗を止め、明日は5連敗を止めに行く大谷翔平さん」「もはや『大谷で連敗ストップ』の仕込みしてるレベル」など、チーム状況と明日の登板を危惧する声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集