[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLB史上初パターンの三重殺誕生で米話題 ボールを触った野手は2人だけ「マジで8-5?」

米大リーグが毎週選出している「電撃的なプレー」に“史上初”のトリプルプレーが選出された。MLBが動画を公開し紹介すると、「なぜこんなプレーが起きた?」「マジで8-5?」などの反響が集まっている。

ツインズのバイロン・バクストン【写真:Getty Images】
ツインズのバイロン・バクストン【写真:Getty Images】

4日のホワイトソックス戦での一幕

 米大リーグが毎週選出している「電撃的なプレー」に“史上初”のトリプルプレーが選出された。MLBが動画を公開し紹介すると、「なぜこんなプレーが起きた?」「マジで8-5?」などの反響が集まっている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 ただの三重殺ではない。4日(日本時間5日)のホワイトソックスの本拠地で行われたツインズ戦。2-2で迎えた7回無死一、二塁の好機でホワイトソックスのAJ・ポロックがセンター後方に飛球を打ち上げた。中堅手のバイロン・バクストンは半身の体勢で猛ダッシュ。フェンス際で捕球すると、内野に素早く返球した。驚きはここからである。

 2人の走者は打球に疑うことなく、大きく飛び出していたのである。三塁手のジオ・ウルシェラが送球を受けると、二、三塁間まで走っていた一塁走者をタッチ。そして自ら二塁を踏んで、二塁走者をアウトにした。まさかの野手2人だけでの「8-5」のトリプルプレーを完成させた。

 MLBは毎週、「Electric Play(電撃的なプレー)」と題して、驚きのプレーに脚光を浴びせているが、今週はこの三重殺を選出。公式ツイッターに「史上初の8-5の三重殺は絶対に選出される」と記して、実際の映像を公開した。

 コメント欄の米ファンからは「なぜハーフウェイで止まっていないんだ」「正直、恥ずかしいよ」「マジで8-5?」「珍しいプレーだ」「なぜこんなプレーが起きた?」などの喝とも取れる声などが集まっている。危機を脱したツインズは6-3で勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集