[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー日本会場で珍プレー発生 レフェリーも思わず笑い海外注目「笑顔が可愛すぎる」

5日に大阪で行われたバレーボール・ネーションズリーグ男子の試合で、米国の選手が動けなくなり、レフェリーも思わず笑顔になってしまう珍事が生まれた。「最後の笑顔が可愛すぎる」「あと少しで助かりそうだったのに!」などと海外ファンからコメントが集まっている。

米国代表のマイカ・クリステンソン(撮影は2021年)【写真:Getty Images】
米国代表のマイカ・クリステンソン(撮影は2021年)【写真:Getty Images】

ネーションズリーグ男子の試合で珍事

 5日に大阪で行われたバレーボール・ネーションズリーグ男子の試合で、米国の選手が動けなくなり、レフェリーも思わず笑顔になってしまう珍事が生まれた。「最後の笑顔が可愛すぎる」「あと少しで助かりそうだったのに!」などと海外ファンからコメントが集まっている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 米国―ドイツ戦、第1セットだった。強烈なスパイクを放ったカイル・エンシング。着地後、勢いが付きすぎたのかバランスを崩す。ネットに少しもたれかかるようにして倒れそうになった。これをチームメートのマイカ・クリステンソンが助けに向かうが、逆に引っ張り込まれて2人とも転倒。プレーは続いており、ボールが2人のもとに送られたが、返すことはできなかった。

 これを間近で見ていたレフェリーは、思わず少し笑ってしまっていたようだ。実際の映像をスイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」公式ツイッターが公開。「マイカ、助けて! 助けてくれ! ネーションズリーグ史上最も笑える瞬間の一つ! 爆笑をありがとう、マイカ・クリステンソン!」と文面で紹介した。

 海外ファンもコメントを寄せ「超可愛いね」「最後の笑顔が可愛すぎる」「マイカの笑顔ね」「あと少しで助かりそうだったのに!」「HAHAHAHAHAHA」「マイカのリアクションよ」「爆笑」などとコメントが集まっていた。この試合は米国が3-1で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集