[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が轟かせた衝撃的破壊音 米記者が「球界を支配」と選出「活火山の音だ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の打球音が称賛されている。25日(日本時間26日)の本拠地マリナーズ戦で放った16号は、自身4番目の飛距離141メートル。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」の振り返り企画で「活火山から生まれた感じ」「銃声音のようだった」と表現されている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平の141m弾を米記者が独特表現

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の打球音が称賛されている。25日(日本時間26日)の本拠地マリナーズ戦で放った16号は、自身4番目の飛距離141メートル。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」の振り返り企画で「活火山から生まれた感じ」「銃声音のようだった」と表現されている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 凄まじい打球音だった。大谷が右中間へかっ飛ばした16号。飛距離462フィート(約140.7メートル)、打球速度117.2マイル(189.9キロ)だった。投手は打球を目で追わず、右翼手もほとんど動かない完璧な当たり。この衝撃をつづったのは「CBSスポーツ」のデイン・ペリー記者だった。

「MLBスター・パワー・インデックス:ショウヘイ・オオタニのバットから生まれた音を聞け」との見出しで記事を掲載。「どの選手が現在の球界を支配しているか」を毎週独断でピックアップしている中、28日(同29日)の記事で大谷の一撃を特集した。「素晴らしい音。大音量だった。エンゼルスの二刀流、ショウヘイ・オオタニの音の話」と打球音に注目。さらに独特なワードでこう表現している。

「その音? (ゴルフクラブの)ゼウスの音? 活火山から生まれた? はい、そんな感じの音。でも、それはショウヘイ・オオタニの打球音なのだ。銃声音のようだった」

 大谷のキャリアでは3番目の打球速度だったが、本塁打に限れば最速の当たり。そんな一発の打球音に対し、ペリー氏は表現する言葉を考え込んだようだ。28日(同29日)の本拠地ホワイトソックス戦では「3番・DH」で先発。第2打席に17号ソロを放つなど、3打数3安打2打点と活躍した。しかし、チームは4-11と逆転負け。連勝は2でストップした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集