[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、2年連続MVPはあるのか ドミニカ紙が早くも予想「ジャッジらに迫る火の玉」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手に2年連続MVP受賞の可能性はあるのか。昨季は満票でア・リーグMVPに選出。数多くのスーパースターを輩出している強豪・ドミニカ共和国の地元紙では、今季のMVP争いを特集した。「怪物ショウヘイ・オオタニがジャッジとラミレスに迫る」と報じている。

ドミニカ共和国の地元紙も大谷翔平に注目【写真:ロイター】
ドミニカ共和国の地元紙も大谷翔平に注目【写真:ロイター】

大谷翔平の2年連続MVPは…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手に2年連続MVP受賞の可能性はあるのか。昨季は満票でア・リーグMVPに選出。数多くのスーパースターを輩出している強豪・ドミニカ共和国の地元紙では、今季のMVP争いを特集した。「怪物ショウヘイ・オオタニがジャッジとラミレスに迫る」と報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ドミニカ紙「ディアリオ・リブレ」は「怪物ショウヘイ・オオタニがジャッジとラミレスに迫る。この日本人は二刀流で驚かせ続けている」との見出しで記事を掲載した。「快適なソファーに座る野球ファンやプレスセンターの野球記者は、ショウヘイ・オオタニがア・リーグMVPレースにおいて、アーロン・ジャッジとホセ・ラミレスに迫る火の玉のように見ている」と記している。

 26日(日本時間27日)の試合終了時点で、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は今季メジャートップの28本塁打、打率.294、56打点。ドミニカ出身のガーディアンズのホセ・ラミレス内野手は打率.303、16本塁打、63打点。ともに今季MVPの本命だ。

 記事では「オオタニに対するMVP争いのアドバンテージは縮小している。金曜の試合後の段階で、ヤンキースのスター外野手に最小限のアドバンテージを与える」と肉薄ぶりを伝えた。21日(同22日)は指名打者で2本塁打8打点、翌日は先発投手として8回無失点の自己最多13奪三振。同紙は「オオタニはこの週、メジャーで歴史を打ち立てた」と紹介した。

 さらに「バットを持たなくてもオオタニが球界最高の選手であると、我々は認めざるをえないかもしれない。そして、彼が再びア・リーグMVPの最有力候補であっても驚くべきではない」と高評価している。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集