[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の同僚守護神、乱闘後の“ベンチ破壊”に米興奮「こんな怒りは見たことない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。守護神ライセル・イグレシアスは退場処分となり、怒りを爆発させた。米記者が動画を公開。「彼がこんなに怒っているところ、確実に見たことがない」と記している。

エンゼルス戦で大乱闘が勃発。守護神ライセル・イグレシアスは退場処分となった【写真:ロイター】
エンゼルス戦で大乱闘が勃発。守護神ライセル・イグレシアスは退場処分となった【写真:ロイター】

大谷翔平出場試合で大乱闘勃発

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。守護神ライセル・イグレシアスは退場処分となり、怒りを爆発させた。米記者が動画を公開。「彼がこんなに怒っているところ、確実に見たことがない」と記している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 怒りで自軍ベンチまで“破壊”した。乱闘が終結した直後。イグレシアスはベンチを飛び出し、相手ベンチに向かってスナックボックスを投げ飛ばした。味方になだめられ、ベンチに逆戻り。しかし、怒りは収まらない。置いてあるものを次々とひっくり返していった。大谷の通訳を務める水原一平氏もその様子を呆然と見守っている。

 途中、乱闘の発端である死球を受けたマリナーズのウィンカーと口論になっていたようだ。一連の動画を公開したのは、米オハイオ州地元誌「シンシナティ・マガジン」のレッズ担当、チャド・ドットソン記者。「イグレシアスVSウィンカー この背景にストーリーがあるに違いない」と、かつてレッズで同僚だった2人に注目した。さらに返信欄では「彼がこんなに怒っているところ、確実に見たことがない」と驚きまじりに紹介している。

 乱闘を見守った米ファンも興奮。「この2人にどんな背景があるんだ」「イグレシアスを愛さないわけにはいかない」「何があるのか知りたい」「イグレシアス、何してるの」と困惑した様子のコメントなどが寄せられた。

「3番・DH」で出場した大谷は2打数無安打2四球。チームは守護神不在の中で2-1の勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集