[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

32歳になった“元天才少女”金田久美子 11年ぶりVチャンス「以前はゴルフがつらかった」

女子ゴルフの国内ツアー「アース・モンダミンカップ」は25日、千葉・カメリアヒルズCC(6639ヤード、パー72)で第3日が行われ、9位から出た金田久美子(スタンレー電気)は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算5アンダーで単独2位に浮上。通算7アンダーで首位のささきしょうこ(日本触媒)と2打差で迎える最終日で2011年のフジサンケイレディス以来となるツアー2勝目を目指す。

アース・モンダミンカップに参戦中の金田久美子【写真:Getty Images】
アース・モンダミンカップに参戦中の金田久美子【写真:Getty Images】

国内ツアー「アース・モンダミンカップ」第3日

 女子ゴルフの国内ツアー「アース・モンダミンカップ」は25日、千葉・カメリアヒルズCC(6639ヤード、パー72)で第3日が行われ、9位から出た金田久美子(スタンレー電気)は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算5アンダーで単独2位に浮上。通算7アンダーで首位のささきしょうこ(日本触媒)と2打差で迎える最終日で2011年のフジサンケイレディス以来となるツアー2勝目を目指す。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 キンクミが一気に優勝争いに加わり、笑みがはじけた。

「60台で回れたので、大満足です!」

 暑さ対策で白のシースルーウェアをまとった金田は、2番パー4で3日続けて幸先良くバーディー。3番パー4、9番パー3でもスコアを伸ばし、後半へ。12番では残り20ヤードから絶妙なショットコントロールでチップインバーディー。ギャラリーを沸かせた。

 15番パー3で10メートルを3パットしてボギーとしたものの、前日に続く強い風で各選手がスコアメークに苦しむ中で69。「(風対策は)無理しないこと。ピンを狙いところでも無理せずに」と我慢のゴルフで2位に浮上した。

 昨年はぎっくり腰を引きずり、思うようなスイングができず。オフは体のメンテナンスと体幹トレーニングでケア。「治ってはいないけど、去年に比べたらゴルフはできている。(成果は)出てます」と手応えを掴んでいる。

 8歳で世界ジュニア選手権を制し、「天才少女」として騒がれた金田も32歳に。近年はシード権を喪失し、2020年から下部ツアーが主戦場になった。それでも、主催者推薦する今季はパナソニックレディースで9位など、上位に顔を出して復調の気配を漂わせる。

「2回連続QTも失敗して、スポンサー、お世話になっている方に推薦もしてもらって……試合に出られること当たり前じゃない。感謝の気持ちを持つことで前向きにゴルフができるようになった。以前はゴルフが本当につらかったけど、今はたまに楽しくなった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集