[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、特大3ランですぐさま見せた“確信の仕草”に米記者注目「彼は知っていた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ロイヤルズ戦に「3番・DH」で先発出場。2本塁打を放ちキャリアハイの8打点をマークするなど、4打数3安打の大爆発だった。5点を追う6回の第3打席では中越えに飛距離423フィート(約128.9メートル)の14号3ラン。米記者は打席の大谷の仕草に注目し「彼はバットを離すときからそれを知っていた」と伝えている。

大谷翔平は2本塁打8打点と大爆発した【写真:ロイター】
大谷翔平は2本塁打8打点と大爆発した【写真:ロイター】

ロイヤルズ戦で14号&15号を放ち8打点

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ロイヤルズ戦に「3番・DH」で先発出場。2本塁打を放ちキャリアハイの8打点をマークするなど、4打数3安打の大爆発だった。5点を追う6回の第3打席では中越えに飛距離423フィート(約128.9メートル)の14号3ラン。米記者は打席の大谷の仕草に注目し「彼はバットを離すときからそれを知っていた」と伝えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 8試合ぶりの一発は、誰もが柵越えを確信する大きな弧を描いた。6回無死一、二塁の第3打席。大谷はカウント2-2から、相手先発ヒースリーが真ん中付近に投じた速球を完璧に捉えた。中越えの14号3ラン。大谷は打った直後にピョンと跳ねるような動きを見せ、その後はバットを持ったまま“確信歩き”で一塁へ向かっていた。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は、バックネット側から大谷の姿を捉えた動画をツイッターに公開。「今夜のショウヘイ・オオタニのドープ・ホームラン。彼はバットを離すときからそれを知っていた」と文面に記し、すぐに確信した大谷の様子を伝えた。

 大谷は3点を追う9回1死一、二塁でも右翼席へ特大の15号3ランを放ち、仁王立ちで打球を見つめるなどこの日の2発はいずれも確信の一撃だった。しかしチームは投手陣が踏ん張れず、延長11回の末11-12で敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集