[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

有村智恵「66」の3位発進に笑顔 元世界1位パッティング名手をイメージ「ハマりました」

国内女子ゴルフツアーのニチレイレディスが17日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で開幕した。34歳の有村智恵(フリー)は、6バーディー、ボギーなしの66で6アンダー。首位に2打差の3位で発進した。前週の宮里藍サントリーレディス最終日に80をたたいたことで、徹底的に再調整。特にクロスハンド(逆手)で18ホールを通したパッティングのフィーリングが良かったことを喜んだ。首位は8アンダーの佐藤心結(ニトリ)。西村優菜(スターツ)が7アンダーで2位。

有村智恵【写真:Getty Images】
有村智恵【写真:Getty Images】

ニチレイレディス初日

 国内女子ゴルフツアーのニチレイレディスが17日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で開幕した。34歳の有村智恵(フリー)は、6バーディー、ボギーなしの66で6アンダー。首位に2打差の3位で発進した。前週の宮里藍サントリーレディス最終日に80をたたいたことで、徹底的に再調整。特にクロスハンド(逆手)で18ホールを通したパッティングのフィーリングが良かったことを喜んだ。首位は8アンダーの佐藤心結(ニトリ)。西村優菜(スターツ)が7アンダーで2位。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 有村は、頭の中で元世界ランク1位、海外メジャー7勝の朴仁妃(韓国)をイメージしていた。

「朴仁妃はパッティングの名手、彼女はストロークの時に左肩が上がらない。その感じで……」

 グリップは、朴と同じクロスハンド。有村いわく、前日から「やる」と決め、18ホールを通して続けたのは、「記憶にないくらい久しぶりです。小さいグリーンでロングパットが残っても20メートルぐらいなので、ここならクロスハンドでも距離感が合うと思ってやり通しました」と明かした。

 結果、ボールがフェース面に当たるポイントが一定し、計25パットでホールアウト。「うまくハマりました」と笑顔を見せた。

 同じ袖ヶ浦GCの袖ヶ浦Cで開催された5月のブリヂストンレディスでは2位で最終日を迎えながら、伸ばせずに7位で終えた。その悔しさに加え、前週の宮里藍サントリーレディスで、36歳の藤田さいきが優勝争いをしたことも刺激になったという。

「優勝というものを目指し、ゴルフができているのは楽しいですし、いい意味でリベンジしたいと思います」

 国内14勝、米女子ツアーでも戦ってきた34歳。若手が席巻する中、経験とイメージを働かせて4年ぶりの優勝を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集