[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アストロズ右腕が怒り心頭 死球でもない内角投球で退場「MLBで内角は認められない」

米大リーグ・アストロズの投手が内角に厳しいボールを投じたことで退場処分となり、米国で物議を醸している。打者に投球は当たっておらず、死球となったわけでもないが、審判が協議して退場。納得いかない投手はマウンド付近で怒り心頭の様子だったが、試合後には「くだらないものだった」「もっと良い仕事をしてもらわないと」と退場処分を酷評したという。米スポーツ専門サイト「スポーティングニュース」が報じている。

アストロズのライアン・プレスリー【写真:Getty Images】
アストロズのライアン・プレスリー【写真:Getty Images】

アストロズの守護神・プレスリーが怒り

 米大リーグ・アストロズの投手が内角に厳しいボールを投じたことで退場処分となり、米国で物議を醸している。打者に投球は当たっておらず、死球となったわけでもないが、審判が協議して退場。納得いかない投手はマウンド付近で怒り心頭の様子だったが、試合後には「くだらないものだった」「もっと良い仕事をしてもらわないと」と退場処分を酷評したという。米スポーツ専門サイト「スポーティングニュース」が報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 5日(日本時間6日)のアストロズ―ロイヤルズ戦での出来事だ。アストロズは4点リードの9回に守護神ライアン・プレスリーが登板。2死後、打者テーラーへの投球が内角に大きく外れた。96マイル(約154.4)の速球だったが、テーラーは腰を大きく引いてボールを避け、死球にはならなかった。だが、ここで4人の審判団が集まり、何やら協議を始めた。

 異変を感じたプレスリーは両手を広げていたが、その後に退場処分が言い渡された。当然納得いかないプレスリーはベーカー監督らとともに抗議。しかし覆ることはなく、ベンチに戻る際には怒り心頭の様子で審判に指を突き付け、手にしていたボールも放り投げていた。試合はアストロズが7-4で勝利している。

 この出来事を報じた「スポーティングニュース」は、「アストロズのライアン・プレスリーがロイヤルズ戦での退場後審判を酷評『もっと良い仕事をしてもらわないと』」との見出しで記事を掲載。プレスリーの言い分を伝えている。

 記事によると、プレスリーは「大リーグではこれ以降内角に投げるのは認められないんだな。自分は人間だ。内角に投げてミスすることもある。あのようなことで注意した後、疑ってから退場にした。もっと良い仕事をしてもらわないと」と、退場処分に納得がいっていない様子だ。

 退場の理由については「(審判は)故意に投げたと思ったらしい」と、故意死球を狙ったと判断されたと話し、「彼が自分の頭の中を読めるとはね。それで自分を退場にしたんだから。この試合では、(自分以外)誰も注意を受けなかった」「内角に一球投げただけで注意を受けた。それほどくだらないものだったんだ」と判定を酷評していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集