[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

故意にフライを落とした頭脳的併殺に米注目 怠慢走塁の打者は「酷いランニングだ」

米大リーグで生まれた一塁手の“頭脳プレー”に注目が集まっている。4日(日本時間5日)のダイヤモンドバックスとパイレーツの一戦。ダイヤモンドバックスの一塁手、クリスチャン・ウォーカーが状況を好判断して、ポップフライを併殺打にした。このプレーに「インフィールドだと思った」「ベースランニングを勉強しないと」などの声が寄せられている。

ダイヤモンドバックスの一塁手ウォーカー【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックスの一塁手ウォーカー【写真:Getty Images】

ダイヤモンドバックスのウォーカーが好判断

 米大リーグで生まれた一塁手の“頭脳プレー”に注目が集まっている。4日(日本時間5日)のダイヤモンドバックスとパイレーツの一戦。ダイヤモンドバックスの一塁手、クリスチャン・ウォーカーが状況を好判断して、ポップフライを併殺打にした。このプレーに「インフィールドだと思った」「ベースランニングを勉強しないと」などの声が寄せられている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 周りをよく見ていた。2回無死一塁でパイレーツのロドルフ・カストロが一塁へ凡フライを打ち上げた。しかし、アウトと判断したのか、カストロは全力疾走ではなく、ゆっくりと一塁へ。動きを確認していた一塁手のウォーカーはフライを捕球せず、一度地面に落とした。すかさず一塁に送球して打者走者をアウト。慌てて二塁に向かった走者を挟殺プレーでアウトにし、ダブルプレーを完成させた。

 走者が2人いる場合はインフィールドフライが宣告されるが、今回は一塁走者のみ。この状況と打者走者の動きを瞬時に確認したウォーカーの“頭脳プレー”に米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターが注目。文面に「併殺打を取る1つの方法」と記して、実際の映像を公開した。

 このプレーに米ファンも反応。コメント欄には「インフィールドだと思った」「酷いランニングだ」「レッスンが必要? 常に一塁へは全力で走らないと」「ちゃんと走らないといけない理由」「パイレーツはベースランニングを勉強しないと」「賢いプレーだが、打者がダメだな」などの声が寄せられた。痛恨の併殺打を食らったパイレーツだが、2-1でサヨナラ勝ちを収めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集