[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス悪夢のサヨナラ11連敗 貯金10→借金生活に早朝の日本ファン嘆き「嘘だろ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、フィリーズ戦に「2番・DH」で出場。5打数1安打1得点、2三振だった。エンゼルスは4点リードの8回にライセル・イグレシアス投手が満塁弾を被弾し同点に。9回に1点を勝ち越したが、最後はジミー・ハーゲット投手が逆転サヨナラ3ランを浴び、悪夢の11連敗となった。連敗前は貯金10だったが、借金生活に。「嘘だろエンゼルス」「起きたら11連敗」と日本のファンも嘆いていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

フィリーズ戦であと1死から6年ぶり11連敗

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、フィリーズ戦に「2番・DH」で出場。5打数1安打1得点、2三振だった。エンゼルスは4点リードの8回にライセル・イグレシアス投手が満塁弾を被弾し同点に。9回に1点を勝ち越したが、最後はジミー・ハーゲット投手が逆転サヨナラ3ランを浴び、悪夢の11連敗となった。連敗前は貯金10だったが、借金生活に。「嘘だろエンゼルス」「起きたら11連敗」と日本のファンも嘆いていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 勝てない。連敗前にあった貯金10は底をつき、借金生活に突入した。エンゼルスは4回無死一塁から大谷が強烈な二塁打を放ってチャンス拡大し、その後に5点を先制。8回にもマーシュがタイムリーを放って6-2とする。しかしその裏、4番手ループがヒットと四球に三塁手ダフィーのエラーもあり、満塁のピンチを作って降板。後を受けた守護神イグレシアスが、相手の主砲ハーパーに13号満塁弾を被弾した。

 試合を振り出しに戻されたエンゼルスだが、9回にダフィーが意地の内野安打を放って1点を勝ち越し。だが9回は続投したイグレシアスが2死一、二塁とされて降板すると、後を受けたハーゲットが9番ストットにまさかの逆転サヨナラ3ランを浴びた。

 7-9で敗れたエンゼルスは6年ぶりの11連敗に。日本時間では早朝の出来事だったが、ツイッター上の日本のファンからは「負け方も泥沼」「ジェットコースターがすごい」「神にお祈りしてきます」「朝起きたらエンゼルス11連敗」「壮絶な負け方」「嘘だろエンゼルス……」などとも嘆きの声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集