[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

投手による“隠し球”が誕生 新しすぎるアウト奪取に米記者驚き「目を離さないで」

米国の高校女子ソフトボールの試合で、新しすぎる“隠し球”でアウトを奪った瞬間が話題だ。ボールを持っていたのはなんとピッチャー。レイクウッド・ランチ高―レイク・ブラントリー高の試合に、米記者も「隠し球トリック。投手から目を離さないで」と注目している。

新しすぎる“隠し球”でアウトを奪った瞬間が話題(「10タンパベイ」デービッド・シーレ記者のツイッターのスクリーンショットより)
新しすぎる“隠し球”でアウトを奪った瞬間が話題(「10タンパベイ」デービッド・シーレ記者のツイッターのスクリーンショットより)

米国の女子ソフトボールで生まれたシーンが話題に

 米国の高校女子ソフトボールの試合で、新しすぎる“隠し球”でアウトを奪った瞬間が話題だ。ボールを持っていたのはなんとピッチャー。レイクウッド・ランチ高―レイク・ブラントリー高の試合に、米記者も「隠し球トリック。投手から目を離さないで」と注目している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 走者がすっかり騙されてしまった。7回2死一、二塁。守るレイクウッド・ランチ高が8-2とリードした状況だ。投手のエラ・ドッジが、二塁走者を刺そうとスローイングの動きを見せた。しかしその直後、両手を膝についてガッカリ。悪送球となってしまったのだろうか。二塁ベース付近にいた内野手2人もジャンプし、外野手もボールを追いかける動きを見せた。

 ヘッドスライディングでベースに戻った走者は、その様子を見て迷わず三塁へ。しかし、ここで驚きの事実が。なんと投手のドッジはまだボールを持っていたのだ。二塁への送球も、守備陣の動きもすべてが“演技”。ドッジは自ら二、三塁間に猛ダッシュし、飛び出していた走者をタッチアウトとした。まさかの“隠し球”で最後のアウトを奪い、レイクウッド・ランチ高が勝利。ナインは歓喜の輪を作った。

 大リーグ(MLB)レイズの地元である米フロリダ州の放送局「10タンパベイ」のデービッド・シーレ記者は、自身のツイッターにて衝撃の隠し球成功の瞬間を動画で公開。「レイクウッド・ランチ高はどうやって2連覇を決めたのか? 隠し球トリックがあったのだ。投手から目を離さないで。守備陣も上手く演じた」と驚きを持って文面で伝えた。

 また米フロリダ州の新聞社「オブザーバー・メディア・グループ」が運営するニュースサイト「ユア・オブザーバー.com」も「レイクウッド・ランチ高ソフト部が2連覇を達成」との見出しを打った記事の中で「2年生投手のエラ・ドッジは捕手からの送球をカット。そのあと二塁へ暴投したかのように見せつけた。走者はそれを信じてしまい、三塁へ走りだし、ドッジは走者を追いかけてタッチアウト。選手たちが歓喜の輪を作った」と紹介していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集