[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

首位小祝さくらを追う19歳桑木志帆 3位から初Vへ「優勝を意識すると緊張するので…」

女子ゴルフの国内ツアー・リゾート トラストレディス第3日が28日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。前日悪天候で第2ラウンド(R)を持ち越した59人からプレー。その後の第3Rは、5位で出た19歳の桑木志帆(岡山御津CC)が1イーグル、5バーディー、3ボギーの68で回り、通算11アンダーで3位に浮上した。単独首位の小祝さくら(ニトリ)とは5打差あるが、得意のパットを武器に背中を追う。

第3日をプレーする桑木志帆【写真:Getty Images】
第3日をプレーする桑木志帆【写真:Getty Images】

リゾートトラストレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・リゾート トラストレディス第3日が28日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。前日悪天候で第2ラウンド(R)を持ち越した59人からプレー。その後の第3Rは、5位で出た19歳の桑木志帆(岡山御津CC)が1イーグル、5バーディー、3ボギーの68で回り、通算11アンダーで3位に浮上した。単独首位の小祝さくら(ニトリ)とは5打差あるが、得意のパットを武器に背中を追う。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 桑木はコースに向かう車の中から緊張していた。それが続いていた出だしの1番ティーグランド。「いつもは(観客に自分のショットを)見せつけてやろうと思うのですが、フェアウェーが狭いのもあって、『大丈夫かな』という思いになりました」。しかし、第1打はフェアウェーをとらえ、第2打はフォローの風に乗ってピン奥8メートルにオン。1パットでイーグルを奪い、緊張から解放された。

「あのパットは(同組の)菅沼(菜々)さんが似たようなラインで打っていたので、それを参考にして打ったら入りました。前は短い距離でも手が震えていたパットが、自信を持って打てるようになってきたことが大きいです」

 桑木は高校時代、イップスにかかっている。ロングパットは順手、ショートパットはクロウとグリップを変えるなど、自身で試行錯誤しながら昨年6月のプロテストで一発合格を果たした。

「パット イズ マネー」を信念とし、今季からパット専門コーチの奥西桂耶氏をツアーに帯同。「ラインの可視化」をテーマにグリーンの読み方、安定したストロークのつくり方などを学び、4月のフジサンケイレディスクラシック以降は6試合連続予選通過を果たした。

 初めての上位争い。首位の小祝とは5打差あり、桑木は「優勝を意識すると緊張するので、トップ10入りを目標にしたいです」と冷静だ。一方で「1つバーディーが来ると、どんどん来るのが私のゴルフ」とも話している。早い段階で波に乗れば、心の中に描く「プロテスト合格同期で一番乗りのツアー優勝」も見えてくる。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集