[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBのNo.1有望株が守備に就いただけで涙 感動の初出場が米話題「泣くね」「最高だ」

米大リーグ・オリオールズは21日(日本時間22日)、本拠地でレイズと対戦。2019年ドラフト全体1位指名アドリー・ラッチマン捕手がメジャーデビューを果たした。初回に守備に就くだけで感極まって涙を浮かべ、球場の空気を感じるように体を一周。米ファンからは「これ以上のものはない」「夢が叶ったね」などの声が上がっている。

MLBデビューを飾ったオリオールズのアドリー・ラッチマン【写真:ロイター】
MLBデビューを飾ったオリオールズのアドリー・ラッチマン【写真:ロイター】

2019年ドラフト全体 1位、オリオールズの24歳アドリー・ラッチマンが初出場

 米大リーグ・オリオールズは21日(日本時間22日)、本拠地でレイズと対戦。2019年ドラフト全体1位指名アドリー・ラッチマン捕手がメジャーデビューを果たした。初回に守備に就くだけで感極まって涙を浮かべ、球場の空気を感じるように体を一周。米ファンからは「これ以上のものはない」「夢が叶ったね」などの声が上がっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 超有望株の夢が、24歳にして叶った。この日、メジャー昇格が決まったラッチマンは「6番・捕手」で先発出場。初回の守備に就く際には初々しい表情で球審と握手を交わした。そして、風景を360度見渡すように体を一周させ、憧れの舞台、本拠地・カムデンヤーズの雰囲気を噛みしめた。目はうっすらと赤く染まり、涙を浮かべた。その表情を隠すようにマスクを被り、試合モードに入った。

 ラッチマンは19年ドラフトで全体1位に指名された大型捕手。契約金810万ドル(約10億3500万円)は当時史上最高額で、MLBによる2022年のプロスペクトランキング1位に選出されるなど、大きな期待を寄せられた。経験が必要な扇の要。マイナーリーグで実績を積み、入団3年目でようやくその時が訪れた。

 感極まった初出場のシーン。MLB公式ツイッターが実際の映像を公開すると、米ファンも感動。コメント欄には「その瞬間を楽しんで!」「これ以上のものはない」「かわいいね」「これが全て」「野球は素晴らしい」「夢が叶ったね」「泣くね」「最高の映像だ」などの反響が寄せられた。

 この日は7回の第3打席に右三塁打を放ち、メジャー初ヒットも記録。チームは1-6で敗れたものの、生涯忘れられない日になった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集