[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を2三振翻弄 覚醒した敵投手の幻惑カーブに実況席称賛「バランス崩してる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。盗塁を1つ決めたが、3打数無安打3三振に終わった。相手先発のポール・ブラックバーン投手には2三振を喫し、敵地放送局の実況は「(打者の)バランスを崩している」などと今季開花した28歳を称賛している。

相手先発ブラックバーンに2度の空振り三振を喫した大谷翔平【写真:ロイター】
相手先発ブラックバーンに2度の空振り三振を喫した大谷翔平【写真:ロイター】

直近3年でわずか1勝、大谷が全くタイミングが合わなかった投球術

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。盗塁を1つ決めたが、3打数無安打3三振に終わった。相手先発のポール・ブラックバーン投手には2三振を喫し、敵地放送局の実況は「(打者の)バランスを崩している」などと今季開花した28歳を称賛している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2-1で1点リードの3回2死二塁、大谷は第2打席を迎えた。3-1と大谷有利のカウントで、相手右腕のブラックバーンは外角低めにチェンジアップを投じた。大谷は全くタイミングが合わず、フォームを崩されバットは空を切る。さらに大きく曲がるカーブを低めに投じられ、空振り三振を喫した。

 アスレチックスの地元放送局「NBCスポーツ・カリフォルニア」の実況は「ブラックバーンの成長を語る時、これがいい例です。3-1から速球やシンカーに任せるわけではなく、外角低めに球を投げられるようになった。できるだけ相手のバランスを崩しているのです」と今季花開いた28歳を称賛した。

 ブラックバーンは2012年ドラフト指名されたメジャーデビュー6年目の右腕。過去5年で6勝、防御率5.74、直近3年に限れば1勝といまひとつ。しかし、今季はすでに自己最多4勝で負けなし、防御率1.91と先発ローテの一角として覚醒している。

 5回にも大谷から空振り三振を奪うなど翻弄した緩急自在の投球が、今季の飛躍を象徴していた。この日は5回途中で降板。勝ち負けはつかなかったものの、2失点5奪三振で試合を作り、4-2の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集