[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平100号で“炎上”した元レポーター うんざり発言の真意告白「ちょっと皮肉ね」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、14日(日本時間15日)のアスレチックス戦でMLB通算100号本塁打を達成。地元放送局も盛り上がる中、米国の元レポーターが「オオタニの話はもううんざり!」と中継に反応したことで“炎上”する事態に陥っていた。渦中の女性元レポーターは騒動について釈明している。米地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米通算100号を伝えた中継放送に「うんざり」とツイート

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、14日(日本時間15日)のアスレチックス戦でMLB通算100号本塁打を達成。地元放送局も盛り上がる中、米国の元レポーターが「オオタニの話はもううんざり!」と中継に反応したことで“炎上”する事態に陥っていた。渦中の女性元レポーターは騒動について釈明している。米地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今季も二刀流で躍動する大谷は、14日の敵地アスレチックス戦で日本人選手としては松井秀喜氏、イチロー氏以来となる米通算100号本塁打を記録していた。米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の中継でも大谷のマイルストーンの話題で持ちきりとなっていた。

 しかし、これに米放送局「NBCスポーツ」の元女性レポーター、ミシェル・タフォヤ氏は「エンゼルスの中継、オオタニの話はもううんざり!」とツイッターに投稿。地元メディアや識者、米ファンからも批判を浴びていた。

 渦中のタフォヤ氏は「ニューヨーク・ポスト」の取材に応じ、発言について釈明。当時家族でエンゼルス戦を観戦していたという同氏は「我々は(中継に)笑ってました。なぜなら、彼らはホームランボールに対する話題が止まらずに、実際にブースにも持ち込んできたのです。みんな写真を撮ったり、それが続いたのです」と語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集