[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、122kg巨漢を本塁で刺したレーザービームに米唖然「セイヤで走っちゃダメだ」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は17日(日本時間18日)、本拠地パイレーツ戦に「4番・右翼」で先発。4回1死三塁の守備で、筒香嘉智内野手のフライで本塁を狙った三塁走者をバックホームで刺し、補殺を記録した。打つだけじゃない強肩ぶりに「セイヤが放った矢は素晴らしかった」「ノーチャンスだ」と米ファンも称賛。一方で、122キロの巨漢を揺らし、本塁突入した相手走者に「セイヤで走っちゃダメだ」との声も上がった。

カブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
カブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

筒香の犠飛阻止、実況席も興奮「スズキがボーゲルバックを狙撃した」

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は17日(日本時間18日)、本拠地パイレーツ戦に「4番・右翼」で先発。4回1死三塁の守備で、筒香嘉智内野手のフライで本塁を狙った三塁走者をバックホームで刺し、補殺を記録した。打つだけじゃない強肩ぶりに「セイヤが放った矢は素晴らしかった」「ノーチャンスだ」と米ファンも称賛。一方で、122キロの巨漢を揺らし、本塁突入した相手走者に「セイヤで走っちゃダメだ」との声も上がった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 鈴木が肩で魅せた。カブスが1-0とリードした4回1死三塁、パイレーツの筒香が打ち上げた打球は右翼線へのフライ。決して浅い打球ではなく、三塁走者の122キロ巨漢ボーゲルバックは本塁を狙った。しかし、素早い動作で右腕から放たれた矢のようなボールはワンバウンドでストライク送球に。クロスプレーとなったが、間一髪でアウトにしてみせた。本拠地のファンは大歓声。接触した捕手と三塁走者は一触即発ムードになった。

 現地実況席は「スズキの元へ打ち上がった。セイヤはキャッチ。ボーゲルバックもスタートした。ダブルプレーだ! セイヤ・スズキがボーゲルバックを狙撃した!」と興奮気味に状況をレポート。カブス公式ツイッターは「セイヤ・スズキだけど、走ることを決めたわけだが」と無謀にも鈴木相手にタッチアップを試みた相手への皮肉を込め、紹介した。

 投稿には、米ファンから「笑った。セイヤで走っちゃダメでしょう」「何を考えていたんだ? 走るべきではない」「スズキのストロングアーム」「美しいプレーだ!」「ノーチャンスだ」「セイヤが放った矢は素晴らしかった」と称賛の声を一方、「水中を走ってる?」「宇宙空間で走っているのか?」と巨漢ボーゲルバッグの鈍足ぶりを揶揄する声も上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集