[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位浮上の原英莉花、過去2勝を呼んだ神社でおみくじ「そしたら何だったと思います?」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース第2日が14日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われた。11位で出た23歳・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算8アンダーで首位と2打差の2位に浮上。半年ぶりのツアー通算5勝目へ、過去2回幸運を呼んだ福岡市内の神社で大吉を引いたことを明かした。首位は10アンダーの渡邉彩香(大東建託)。

第2日、17番ホールに立つ原英莉花【写真:Getty Images】
第2日、17番ホールに立つ原英莉花【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース第2日が14日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われた。11位で出た23歳・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算8アンダーで首位と2打差の2位に浮上。半年ぶりのツアー通算5勝目へ、過去2回幸運を呼んだ福岡市内の神社で大吉を引いたことを明かした。首位は10アンダーの渡邉彩香(大東建託)。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 原が前向きな気持ちで回った。出だしの1番パー5で残り238ヤードから2オンに成功。2パットでバーディーを奪うと、3番は95ヤードから2メートルにつけて伸ばした。4番パー5は第2打を245ヤードから2オン2パットのバーディー。10番で10メートル、15番で8メートル、16番で12メートルのバーディーパットをねじ込んだ。「(優勝争いは)今季初めてなので凄くワクワクしています」と声を弾ませた。

 国内メジャー2勝を含む通算4勝。しかし、今季は出場8戦でトップ20に一度も入っていなかった。前週は予選落ち。大会前の火曜には「ふらっと行った」と福岡市内の神社を訪れた。実は過去2度も行った場所だ。ともにおみくじを引き、2018年のステップ・アップ・ツアーの前は「大吉」で優勝。20年日本女子オープンの前は「吉」だったが、初のメジャーVを達成した。

「そこがいいのかなと思って今回も行ったんです。そしたら何だったと思います?」。笑顔を浮かべながら報道陣に逆質問。「凶?」と聞かれると首を振り、嬉しそうに大吉だったことを明かした。

 少しでも気持ちを上げたい状況だった。前週はスイングの感覚は悪くないのにスコアに繋がらず。「なんなの……」と肩を落とした。「最初は凄い悔しくて。先週のプレーを振り返った時に悪いところが思い浮かばなかった、何に悔しいのか、結果でしかない」。ゴルフがメンタルのスポーツであることを再確認。ポジティブを貫きたかったところ、大吉が心を後押しした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集