[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「満塁でオオタニはある種の人権侵害」 大谷翔平に被弾した初登板ルーキーに米記者同情

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地レイズ戦に「3番・DH」で先発出場。満塁弾を含む2連発で、4打数3安打5打点と活躍した。7回に大谷のキャリア初の満塁弾を献上したのは、メジャー初登板だった右腕カルビン・フォーチャー投手。レイズの地元記者はマイク・トラウト外野手と大谷の“トラウタニ”コンビといきなり対戦した不運を「人権侵害だ」とまで表現し、同情している。

満塁弾を含む2連発で3安打5打点と活躍したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
満塁弾を含む2連発で3安打5打点と活躍したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レイズのフォーチャーが初登板で大谷に被弾

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地レイズ戦に「3番・DH」で先発出場。満塁弾を含む2連発で、4打数3安打5打点と活躍した。7回に大谷のキャリア初の満塁弾を献上したのは、メジャー初登板だった右腕カルビン・フォーチャー投手。レイズの地元記者はマイク・トラウト外野手と大谷の“トラウタニ”コンビといきなり対戦した不運を「人権侵害だ」とまで表現し、同情している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 強烈すぎる洗礼を浴びてしまった。7回からマウンドに上がったフォーチャーはこの日が記念すべきメジャーデビュー戦。ヒットと四球で無死満塁のピンチを迎えると、打席には主砲トラウト。26歳のルーキーは制球が定まらず、痛恨の押し出しで失点。続けて大谷と対戦し、今度は左翼席へ豪快に6号グランドスラムを叩き込まれた。

 ほろ苦い初登板となったフォーチャーについて、米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」のエマ・バチェリエリ記者はツイッターで「メジャーデビュー戦で満塁の状態でショウヘイ・オオタニと対峙させられるなんて、ある種の人権侵害ではなかろうか」と不運ぶりに注目した。

 米ファンからの「ケビン・キャッシュ監督をハーグ国際司法裁判所に連行するしかない」というフォーチャーに対する独特の同情コメントに、バチェリエリ記者は「球審は彼をいますぐ降板させるか、さもなければ、ジュネーブ条約への違反に当たると説明している」とジョークで返していた。

 大谷に88マイル(約141.6キロ)の変化球を痛打され、ボールの行方を見守るしかなかったフォーチャー。2017年にツインズからドラフト10巡目、全体286位で指名された右腕は後続を抑えたが、5失点で防御率は45.00に。“トラウタニ”コンビに圧倒され、忘れられないデビュー戦となった。

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集