[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「相手には嫌なニュースだ」 遠征で見えた“復調データ”を米記者が指摘

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地レイズ戦に「3番・DH」で先発出場する。8日(同9日)のナショナルズ戦では9回に同点の2点二塁打&サヨナラ得点で逆転勝利に貢献。米記者は打球分布図で、大谷の打棒復活の“兆候”に着目した。

8日(日本時間9日)のナショナルズ戦で活躍を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
8日(日本時間9日)のナショナルズ戦で活躍を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

エンゼルスは20連戦真っ只中

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地レイズ戦に「3番・DH」で先発出場する。8日(同9日)のナショナルズ戦では9回に同点の2点二塁打&サヨナラ得点で逆転勝利に貢献。米記者は打球分布図で、大谷の打棒復活の“兆候”に着目した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 20連戦真っ只中のエンゼルス。4月29日(同30日)から4日(同5日)まで、シカゴとボストンに遠征し、ビジター7連戦を戦った。MVPに輝いた昨季ほどの爆発を見せていない打者・大谷だったが、米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は、遠征前とそれ以降の打球分布図を自身のツイッターに公開。復調の兆しを紹介している。

 遠征前のスプレーチャートでは一、二塁間への引っ張った打球が目立つ中、外野にあまり打球が飛んでないことが分かる。しかし、遠征以降の打球分布図は一転、逆方向となる左中間の打球がよく目立っており、フレッチャー記者も「明るい材料だ」と注目した。

 打球分布図の比較には米ファンも反応。「オオタニが逆方向に飛ばすというのは他チームからしたら嫌なニュース」「ありがとう、グリーンモンスター!」「見ていて最高」などと反響が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集