[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平にやられた敵地放送局、サヨナラ負けに15秒近く無言「彼ほど速く走れる男は…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地ナショナルズ戦に「3番・DH」で先発出場。2点ビハインドの9回2死から同点の2点二塁打を放つと、続くアンソニー・レンドン内野手の中前打で快足を飛ばし、サヨナラのホームを踏む活躍を見せた。敵地の放送局では大谷の生還シーンについて「オオタニのように走る人間はそういない」とスピードに脱帽。落胆気味に伝えていた。

3回に四球を選び、一塁へ向かうエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
3回に四球を選び、一塁へ向かうエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ナショナルズ戦9回に同点打&サヨナラ激走

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地ナショナルズ戦に「3番・DH」で先発出場。2点ビハインドの9回2死から同点の2点二塁打を放つと、続くアンソニー・レンドン内野手の中前打で快足を飛ばし、サヨナラのホームを踏む活躍を見せた。敵地の放送局では大谷の生還シーンについて「オオタニのように走る人間はそういない」とスピードに脱帽。落胆気味に伝えていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 圧巻の加速だった。あと1死で敗北の局面から、もう少しで本塁打というフェンス直撃の2点二塁打で振り出しに戻した大谷。続くレンドンの放った中前打で、迷うことなく本塁へ突入した。素早い動きで捕球した中堅手・ロブレスは、サヨナラ阻止のため懸命のバックホームだ。

「ロブレスからの送球がやってくる。オオタニもやってきた。セーフです」

 ナショナルズの地元放送局「MASN」の実況席は、大谷が快足を飛ばして華麗なスライディングで決勝のホームを踏んだ瞬間をこう表現。緊迫の場面に興奮状態だったが、ショッキングな敗北に沈黙となった。

 中継画面がフィールド上に雪崩れ込んだエンゼルスの歓喜のシーンを映し出す。15秒近く無言状態が続いた敵地放送ブースで、ナショナルズ元内野手で解説のケビン・フランドセン氏は「ワオ……これは痛恨です」と劇的な幕切れに言葉を絞り出した。

 大谷の激走シーンをリプレーで振り返ると、フランドセン氏は「ショウヘイ・オオタニのように走れる選手はそう多くありません」と韋駄天ぶりに脱帽。そして、「ビクター・ロブレスは最高の送球でした」と語り、ナショナルズ中堅手のホーム上への返球を称えた。「ドンピシャでしたね」と実況が評価すると、「ドンピシャです」とフランドセン氏も続いた。

「(捕手の)アダムスにはアウトにできるチャンスを与えましたが、オオタニが送球よりも半歩速かった」と分析した実況は「オオタニとレンドンがこの劇的な勝利を牽引しました」と称賛していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集