[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳安田祐香が「71」で暫定4位浮上 「オーガスタよりも速く感じた」グリーンを攻略

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われている。7位から出た21歳・安田祐香(NEC)は、2バーディー、1ボギーの71で通算3アンダー。ホールアウト時で暫定4位につけている。安田いわく、グリーンは初日よりもスピード感を増し、2019年4月にオーガスタナショナル女子アマチュアで経験したオーガスタインターナショナルGC(米ジョージア州)の高速グリーンよりも「速く感じた」と表現した。

通算3アンダー、ホールアウト時で暫定4位につけている安田祐香【写真:Getty Images】
通算3アンダー、ホールアウト時で暫定4位につけている安田祐香【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われている。7位から出た21歳・安田祐香(NEC)は、2バーディー、1ボギーの71で通算3アンダー。ホールアウト時で暫定4位につけている。安田いわく、グリーンは初日よりもスピード感を増し、2019年4月にオーガスタナショナル女子アマチュアで経験したオーガスタナショナルGC(米ジョージア州)の高速グリーンよりも「速く感じた」と表現した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 安田が連日の「我慢のゴルフ」でスコアを伸ばした。フェアウェーキープは14ホール中4度。前日の7度を下回りながら、ことごとくアプローチ、パットでピンチを脱出した。2日間でボギーは1つのみ。「このコースはボギーを出さなければ、上に行ける」の思い通りになっている。

 初めてコンビを組んだ清水重憲キャディーは、イ・ボミらを優勝に導いてきた名キャディーだが、この日のグリーンの速さを「14フィートは男子よりも速い」と表現したという。主催の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)側は、大会前に「グリーンの速さは13フィートまでにする」と伝えていたものの、連日の晴天でグリーンはより硬く、速くなっている。

 安田も「昨日よりも速かった」と言った。19年4月には、マスターズが開催され、「ガラスのグリーン」とも称されるオーガスタナショナルGCをオーガスタナショナル女子アマチュアで経験しているが、「あの時よりも今日の方が速く感じました」と実感を込めた。

 もっとも、安田は高速グリーンが好きだという。理由は「もともと、ショートしがちなので」と言い、「こういう速いグリーンだと最後のひと転がりで入ってくれます。今日もそうでした」と笑顔を見せた。

 全体的に選手のスコアは伸びておらず、71で回った安田は大きなアドバンテージを得た形。これを生かし、残り2日も全力で戦い抜く。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集