[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、登板中のマウンドで気づいた忘れ物 米反響「親近感がありすぎる瞬間だ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。2回の投球中には思わぬハプニングも発生し、試合を中断した。二刀流ならではの理由に米記者は「ショウヘイ・オオタニ的問題」と注目した。

7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レッドソックス戦で今季3勝目

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。2回の投球中には思わぬハプニングも発生し、試合を中断した。二刀流ならではの理由に米記者は「ショウヘイ・オオタニ的問題」と注目した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷ならではかもしれない。0-2の2回2死からヒットを打たれると、マウンドを降りた。といっても降板ではない。おもむろにベンチ方向へ歩くと、黒い手袋を投げた。打席では白を着用しており、出塁した時に後ろのポケットに入れている走塁用手袋が、そのままだったようだ。実況席も「何かわかりませんが、バッティンググローブ(実際には走塁用手袋)を取り忘れたようですね」と驚いた様子だった。

 実際の映像をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」公式ツイッターが公開。文面に「親近感ありすぎる瞬間。先発投手で投球前にバッティンググローブを後ろポケットから出し忘れる」と記して、珍しい光景をあえてジョークで伝えると、米ファンからは「リトルリーグ思い出した」「少年時代の思い出」「12歳が野球するみたいに大リーグでプレーしてる」と少年野球でありがちな“忘れ物”に、ほっこりした様子の声が上がった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のジュン・リー記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニ的問題:ポケットにはバッティンググローブが入ったまま投球していることに気づいたためイニングを中断」とつづり、走塁用手袋がマウンド上の大谷のポケットに入った“証拠画像”とともに注目していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集