[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季7戦4勝の西郷真央が予選落ち濃厚 通算11オーバー、目を赤らめ「不甲斐ない1日」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われている。今季出場7戦4勝の西郷真央(島津製作所)は104位から出て、2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの76で通算11オーバー。昨年5月のリゾートトラスト レディス以来、31試合ぶりの予選落ちが濃厚に。予選落ちなら、連続アンダーパー試合のツアー記録も「30」でストップ。ホールアウト後はショックで、しばらくコメントを出せずにいた。

通算11オーバーで予選落ち濃厚の西郷真央【写真:Getty Images】
通算11オーバーで予選落ち濃厚の西郷真央【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第2日が6日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われている。今季出場7戦4勝の西郷真央(島津製作所)は104位から出て、2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの76で通算11オーバー。昨年5月のリゾートトラスト レディス以来、31試合ぶりの予選落ちが濃厚に。予選落ちなら、連続アンダーパー試合のツアー記録も「30」でストップ。ホールアウト後はショックで、しばらくコメントを出せずにいた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西郷のホールアウト後、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)関係者が「ちょっと時間をください」と言った。西郷は自身の結果にショックを受け、約30分後に姿を見せた。いつもより声は小さく、目は赤くなっていた。

「不甲斐ない1日でした。今日はショットもなかなか思うようにいかず、スコアを伸ばしたかったのですが、思うようにいきませんでした。すごく残念です」

 79を打った初日は「ショットは良くて、マネジメントもできてました。ただ、パットがダメでした。その原因を突き止めたいです」と話していたが、一夜明けてもパットは改善されず。「ミスパットはなかったのですが、最後までタッチと読みが合いませんでした」と説明した。

 そして、本人の言葉通り、この日はショットのミスも目立った。5番パー5では第2打をトップし、11番パー4ではバンカーからの第3打で砂を多く取るミスで、グリーン手前にショートした。ショットメーカーの西郷らしくないミスで、観客からもため息が漏れた。

 現実的に連続予選通過と連続アンダーパー試合のツアー記録は「30」でストップが濃厚。それを受け止めた西郷は「とりあえずしっかり休んで、悪かったところを反省して、気持ちを切り替えられるように頑張りたいです」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集