[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太、ベンチに飾られた“謝罪”にMLB公式サイトまで注目「チームのため遠ざかる」

米大リーグの前田健太投手が所属するツインズは4月30日(日本時間5月1日)、敵地でレイズと対戦した。この試合で注目を浴びていたのは、ベンチに掲示された前田の「置手紙」だ。「I'm sorry」などと記されていたが、これにはMLB公式サイトまでも注目。「マエダはツインズのために遠ざかった」などと報じている。

ツインズの前田健太【写真:AP】
ツインズの前田健太【写真:AP】

前田の観戦した試合で7連勝ストップ、翌日にメモが話題に

 米大リーグの前田健太投手が所属するツインズは4月30日(日本時間5月1日)、敵地でレイズと対戦した。この試合で注目を浴びていたのは、ベンチに掲示された前田の「置手紙」だ。「I’m sorry」などと記されていたが、これにはMLB公式サイトまでも注目。「マエダはツインズのために遠ざかった」などと報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 前田の“謝罪メモ”がMLB公式サイトでも取り上げられた。事の発端は29日(同30日)。リハビリに励んでいるフロリダ州にチームが遠征してきたこともあり、前田は試合をベンチで観戦していたが、チームは1-6でレイズに敗戦。11年ぶりに7連勝を記録していたチームだったが、連勝がストップしてしまった。

 翌日のレイズ戦、ベンチに飾られていたのは、前田が書いたとされるメモだった。「連勝を止めてしまいごめんなさい。今日はダグアウトに入りません。18 ケンタ・マエダ」と英語で書かれた「置手紙」。もちろん前田の観戦した試合で連勝がストップしたのは偶然だが、ツイッター上でもこのメモが拡散され、米ファンからは「笑った」「これぞチームプレー」などと笑撃を受けた様子のコメントが集まっていた。

“前田不在”のツインズが9-1の大勝を収めると、背番号18も反応。自身のツイッターで、実際の画像を引用しながら「素晴らしいチームの勝利!」と記して喜んだ。するとMLB公式サイトもこの“謝罪”に注目。「マエダはツインズのために遠ざかった」との見出しで報じた。昨年、右ひじのトミー・ジョン手術を受けた前田。残したメモが思わぬ反響を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集