[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最大19点差を覆す神業ブザービーター Bリーグ秋田、劇的勝利の裏にあった1つのミス

「自分が決める」という強い思いから放たれた中山のラストショット【写真:B.LEAGUE】
「自分が決める」という強い思いから放たれた中山のラストショット【写真:B.LEAGUE】

残り5秒のミスから試合を決めるブザービーターへ

 ここからの流れは、時間経過とともに紹介しよう。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

・残り41秒=デイビス(秋田)、フリースロー(○×)/76-83

(秋田、ここからファールゲームを展開)

・残り32秒=ジョーダン・ヒース(川崎)、フリースロー(××)/76-83

・残り24秒=グリン→古川孝敏(秋田)、3ポイントシュート/79-83

・残り15秒=中山→デイビス(秋田)、3ポイントシュート/82-83

(デイビスのシュートが決まると、川崎ファンが大挙するとどろきアリーナは不穏なざわめきで満たされた)

・残り14秒=藤井祐眞(川崎)、フリースロー(○○)/82-85

・残り5秒=中山(秋田)、レイアップシュート/84-85

(前田HCはこの場面でスリーを指示したが、警戒した川崎にパスの出しどころを阻まれた中山は、自ら2点を決めるプレーを選択。試合後の会見で「あのシュートは僕のミスです」と苦笑していた)

・残り4.2秒=藤井(川崎)、フリースロー(×○)/84-86

 秋田のスローインでリスタート。そして、冒頭で紹介した中山のブザービーターで激闘に終止符が打たれた。

 この時の状況について、中山は「シューターにスリーを打たせたかったんですけど、ディフェンスがタイトでボールが出せなかったので、ボールを受けた時には『自分がやらなきゃ』という気持ちしかなかったです」とコメント。自分で犯したミスを自ら挽回した中山のこのシュートは、彼にとっては初めての、試合を決めるブザービーターとなった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集