[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “外野から148キロ”の衝撃、トラウトの強肩に大谷も感謝「送球でも援護してくれる」

“外野から148キロ”の衝撃、トラウトの強肩に大谷も感謝「送球でも援護してくれる」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)の敵地マリナーズ戦に中11日で先発し、7回途中2失点の投球で3勝目(1敗)を手にした。この試合では、球界を代表するスーパースター、マイク・トラウト外野手が中堅から148キロの剛速球を披露したシーンが話題を呼んでいたが、大谷もこのプレーについて「重要な送球だった」と感謝している。MLB公式サイトが伝えている。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

トラウトが外野から148キロの超送球を披露、大谷も感謝

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)の敵地マリナーズ戦に中11日で先発し、7回途中2失点の投球で3勝目(1敗)を手にした。この試合では、球界を代表するスーパースター、マイク・トラウト外野手が中堅から148キロの剛速球を披露したシーンが話題を呼んでいたが、大谷もこのプレーについて「重要な送球だった」と感謝している。MLB公式サイトが伝えている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 トラウトが肩で、大谷を助けた。5回2死一塁。大谷はゴードンに96マイル(約154キロ)のファストボールを中前へはじき返された。一塁走者のギャメルは二塁を蹴って三塁を狙う。前進しながらボールを処理したトラウトが、ここで矢のような送球を三塁へ。

 実にきわどいタイミングで、塁審は一度はセーフのジャッジ。だがエンゼルスサイドはすぐにチャレンジを要請。結果はアウトに覆った。

 MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、トラウトのこの送球はなんと91.7マイル(約148キロ)を計測していたという。MLB公式サイトではトラウトのこのプレーをレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー