[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

負傷離脱中の129kgザイオン、床が沈むほどの衝撃ダンクに米困惑「どこ怪我してる?」

米プロバスケットボール(NBA)、ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが衝撃的なダンクシュートを披露した。現在、負傷からの復帰を目指しリハビリ中だが、練習コートで豪快な一発を叩き込み、米ファンを「どこを怪我してるの?」と困惑させた。

ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】
ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】

右足骨折のザイオンが復調アピール

 米プロバスケットボール(NBA)、ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが衝撃的なダンクシュートを披露した。現在、負傷からの復帰を目指しリハビリ中だが、練習コートで豪快な一発を叩き込み、米ファンを「どこを怪我してるの?」と困惑させた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 開幕前の9月に右足を骨折したザイオンは、度々復帰が取りざたされながらも、今季はここまで出場無し。怪我からの復帰に向けトレーニングを続けている。チームの練習施設でコートに立ったザイオンは、ゴール付近でボールをボードに向かって投げると、跳ね返ってきた球を空中で掴んで股の下を通し、そのままダンクシュートを決めた。着地時には床が沈んでいるように見える。

 米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」公式インスタグラムは「信じられないザイオンのダンク」と文面につづって実際の映像を公開。米ファンは「足大丈夫そうだな」「彼が戻ってきた」「かなり健康そうに見える」「残りのシーズンもプレーしないの?」「準備万端じゃないか」「どこを怪我してるの?」と困惑気味だった。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが脚のリハビリ中にダンク映像を投稿」との見出しで注目した。記事によると、ザイオンは3月5日にニューオーリンズに戻る前、2か月間ポートランドでリハビリに励んでいたという。本拠地に戻ってからは、メディアに公開されている練習では、ジャンプなしの軽いシュートを行っているだけだったそうだ。

 チームは3月5日に「骨が治ってきており、全体重を使ったエクササイズとバスケットボールのアクティビティを段階的に行う」と公表してから、ザイオンの状態に関してのアップデートを発表していないという。ザイオンは2019年ドラフトで全体1位指名を受けた大器。身長198センチ、体重129キロの巨体ながら俊敏な動きの持ち主だ。豪快なダンクで復調をアピールした格好となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集