[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のライバル、ゲレーロJr.は初打席で特大130m弾 米ファン「この映画は悪夢に」

米大リーグのブルージェイズは19日(日本時間20日)、オープン戦でフィリーズと対戦。大谷翔平(エンゼルス)と昨季本塁打王争いを演じたブラディミール・ゲレーロJr.は「3番・一塁」で先発出場し、初回に左翼席に先制本塁打を放ち、2打数1安打1打点。順調ぶりをアピールしている。

初回に左翼席へ本塁打を放ったブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:AP】
初回に左翼席へ本塁打を放ったブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:AP】

昨季本塁打王のゲレーロJr.がオープン戦初出場

 米大リーグのブルージェイズは19日(日本時間20日)、オープン戦でフィリーズと対戦。大谷翔平(エンゼルス)と昨季本塁打王争いを演じたブラディミール・ゲレーロJr.は「3番・一塁」で先発出場し、初回に左翼席に先制本塁打を放ち、2打数1安打1打点。順調ぶりをアピールしている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 いきなり結果を残した。初回2死走者なしで迎えた第1打席。オープン戦初出場となるゲレーロJr.にとってはこれが今季“初打席”だ。甘く入った135キロのチェンジアップを左翼席に運ぶ先制弾。飛距離426フィート(約130メートル)の特大弾で、順調な仕上がりを早速見せつけた。

 ブルージェイズ公式ツイッターは「みなさま、ご着席ください。上演開始です」と文面に添え、実際の映像を公開。米ファンからは「最初の打席で!」「この男、凄すぎる」「美しい」「ブラディ爆弾」「この映画は多くのチームにとっては悪夢になるね…」「2022年のMVP」と反響が寄せられた。

 16日に誕生日を迎えた23歳は、昨シーズン打率.311、48本塁打、111打点と大活躍。本塁打王を獲得し、大谷とシーズン終盤までタイトルを競った。MVP争いは大谷に敗れ2位。今季もライバル“大本命”であることは変わらない。2人のスターが今季もMLBを盛り上げる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集