[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

センバツ審判団の誤審謝罪にネットは称賛「潔く謝ったの良い!」「野球界の大きな進歩」

第94回選抜高校野球(甲子園)は20日、1回戦の広陵(広島)―敦賀気比(福井)戦で珍しいシーンが起きた。

選抜高校野球、広陵―敦賀気比戦で珍しいシーンが起きた
選抜高校野球、広陵―敦賀気比戦で珍しいシーンが起きた

球審が謝罪「私たちの間違いです。大変申し訳ございません」

 第94回選抜高校野球(甲子園)は20日、1回戦の広陵(広島)―敦賀気比(福井)戦で珍しいシーンが起きた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 2-0でリードした広陵の4回の攻撃。無死一塁で大山陽生(3年)が一塁線に送りバントを試みた。イレギュラーした打球はファウルグラウンドから戻るようにしてフェアグラウンドへ。尾崎球審はフェア判定としたが、二塁塁審はファウルのジャスチャーで一塁走者を制止した。

 この結果、打者走者はアウトになり、一塁に帰塁しようとした一塁走者は挟殺プレーで併殺の形となった。

 これを受け、審判団が協議した。場内マイクで説明した尾崎球審は、二塁塁審の誤ったジャスチャーを認め、「私たちの間違いです。大変申し訳ございません」と異例の謝罪。走者を二塁に進め、1死二塁で再開させる形を取った。

 真摯な謝罪と対応に対し、ネット上でも多くの好感の声が寄せられた。「潔く謝ったの良い!」「野球界にとって大きな進歩」「これはなかなかできないこと」「素晴らしい審判」「審判が謝るところ初めて見た」「事後対応素晴らしい」などの称賛が大半を占めていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集