[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

暫定3位の19歳内田ことこ 「琴子」から“改名”した理由「内田琴子2は気乗りせず…」

国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOSの初日が18日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われた。悪天候でスタートは4時間遅れとなり、第1ラウンド(R)は午後6時21分に日没サスペンデッドとなった。出場108人中、42人がホールアウト。昨年6月のプロテストに合格した内田ことこ(加賀電子)は、4バーディー、2ボギーの70で回り、2アンダーで暫定3位につけた。暫定1位には、9ホール終了で4アンダーの天本ハルカ(フリー)が立っている。

暫定3位となった内田ことこ【写真:Getty Images】
暫定3位となった内田ことこ【写真:Getty Images】

国内女子ツアー第3戦・Tポイント×ENEOS

 国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOSの初日が18日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われた。悪天候でスタートは4時間遅れとなり、第1ラウンド(R)は午後6時21分に日没サスペンデッドとなった。出場108人中、42人がホールアウト。昨年6月のプロテストに合格した内田ことこ(加賀電子)は、4バーディー、2ボギーの70で回り、2アンダーで暫定3位につけた。暫定1位には、9ホール終了で4アンダーの天本ハルカ(フリー)が立っている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 19歳の内田が、巧みなアプローチを武器に好発進した。13番パー5。ピンまで残り40ヤーから9番アイアンでボールを転がし、3メートルにつけた。これ沈めてバーディー。この距離のアプローチはウェッジを使う選手が大半だが、内田はその理由を分かりやすく説明した。

「ピンがグリーン奥にあって、転がすイメージが湧いてきました。いつも教えていただいている中島常幸プロからも、『アプローチでもいろんなクラブを使えるようにしなさい』と言われてきていますので」

 北海道南幌町出身だが、冬場にラウンドができないことから栃木県足利市に移って東松苑GCで練習を重ねた。同コースは中島の父が設計したコースであり、内田は「ここで中島さんと出会って、グリーン周りの技は視野が広がりました」と明かした。

 そして、見事に最終プロテストに一発合格。プロとして最初に手掛けた仕事は、プレーではなく、登録名の変更だった。理由は、本名の内田琴子と同姓同名で49歳の選手がいたから。周囲からは「内田琴子2」の提案もあったというが、最終的には「内田ことこ」にするに至った。

「『内田琴子2』については、最初に『ああ、いいですよ』と言ったものの気乗りはしなかったので、協会の方と話してひらがな表記にしました。琴子ってすごく珍しい名前と言われてきたので、ビックリしましたが、『ことこ』も気に入っています。いろんな人に『見つけやすくなった』とも言われますし」

 若手が席けんするツアーで、プロテスト合格の同期組にも双子の岩井明愛、岩井千怜姉妹、トップ合格の佐久間朱莉ら有望選手が多くいるが、内田のその1人。目標は同期の誰よりも早く勝つことで「今季中に優勝して、シード権も取りたいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集