[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外テニスで奇跡のサービスエース誕生 なんと時速42km「史上最も遅いサーブ」と話題

テニスのBNPパリバ・オープンは10日(日本時間11日)、米カリフォルニア州インディアンウェルズでの男子シングルス1回戦が行われ、クリストファー・ユーバンクスとマクシム・クレシー(ともに米国)が対戦。第2セットにはクレシーが、観客席も笑うしかない超スローサーブを放ってエースを記録する珍シーンが見られた。

マクシム・クレシー【写真:Getty Images】
マクシム・クレシー【写真:Getty Images】

山なりの球に相手選手は反応できず「フリーズしてしまった」

 テニスのBNPパリバ・オープンは10日(日本時間11日)、米カリフォルニア州インディアンウェルズでの男子シングルス1回戦が行われ、クリストファー・ユーバンクスとマクシム・クレシー(ともに米国)が対戦。第2セットにはクレシーが、観客席も笑うしかない超スローサーブを放ってエースを記録する珍シーンが見られた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 第2セット、サーブを放ったクレシー。しかし、これがミスショットとなり、山なりの球に。ユーバンクスは一瞬固まってしまい、対応できず。まさかのサービスエースに観客席からは驚きとも取れる笑い声が聞こえた。打った本人も笑うしかない。プロでは時速200キロを超えるサーブを放つ選手も珍しくないが、26マイル(約42キロ)の超スローサーブだった。

 米テニス専門メディア「ベースライン」はこの珍エースを紹介。球速が26マイルだったと伝え、試合会場が「突風が吹くコンディション」だったと記した。さらに、反応できなかった相手のユーバンクスのコメントを掲載。「フリーズしてしまった。(ネットを)越えるはずないと思ってしまった」「テニス史上最も遅いサーブと言うしかない」と“お手上げ”の様子だった。

 ATP公式中継サイト「テニスTV」公式ツイッターも実際の映像を公開。「ナイスなアクシデント」「クレイジー・エース」「風を味方につけた」「美しい」「素晴らしい」「史上最高にラッキーなサーブだね」などのコメントが寄せられている。

 超スローサーブにやられたユーバンクスだったが、2-1で逆転勝利。同12日の2回戦でキャスパー・ルード(ノルウェー)と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集