[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中国のパラマスコットを襲った悲劇 「やっぱ頭デカすぎるって」「愛らしい」と笑撃

北京五輪ではパンダを模した公式マスコット「ビンドゥンドゥン」が話題を呼んだが、パラリンピックにもマスコットがいる。その名は「シュエロンロン」。灯籠をモチーフにしたキャラクターだ。しかし、移動中に“悲劇”に見舞われた。

「シュエロンロン」の移動中に不運が(写真はイメージ)【写真:AP】
「シュエロンロン」の移動中に不運が(写真はイメージ)【写真:AP】

パラマスコット「シュエロンロン」の移動シーンに注目

 北京五輪ではパンダを模した公式マスコット「ビンドゥンドゥン」が話題を呼んだが、パラリンピックにもマスコットがいる。その名は「シュエロンロン」。灯籠をモチーフにしたキャラクターだ。しかし、移動中に“悲劇”に見舞われた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 赤い体に大きな頭が印象的なシュエロンロン。移動中のようで、台車に乗って運ばれている。しかし、次の瞬間、前のめりに転倒。思い切り顔面を地面に打ちつけた。慌ててスタッフに救出されると、無事によちよちと歩き出した。

 一連の動画を中国国営英語版テレビ局「CGTN」のスポーツ専門ツイッターが8日に公開。「シュエロンロンの通勤……北京パラリンピック5日目には9個の金メダルを目撃する」とつづった。海外ファンからは「愛らしい」「シュエロンロンが泣きそう」「不運」とコメントが寄せられたほか、日本人ファンからも泣き笑いの絵文字付きで「やっぱり頭デカすぎるって」「なんてこった、、」と笑撃のコメントが上がった。

 北京五輪ではビンドゥンドゥンが大人気に。シュエロンロンもパラリンピック開会式でスケート技術を披露するなど注目を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集