[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、芸術的なジャンピングドロップショットも選出 匠のショット9選を公式が特集

錦織、芸術的なジャンピングドロップショットも選出 匠のショット9選を公式が特集

男子テニスのモンテカルロ・マスターズは22日、シングルス決勝を行い、世界ランク36位・錦織圭(日清食品)は同1位のラファエル・ナダル(スペイン)に3-6、2-6でストレート負け。4大大会に次ぐ格付けの「マスターズ」初制覇はならなかった。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

ズベレフ戦での飛び上がりながらのドロップショットなど“ホット・ショット9選”をATPが動画で特集

 男子テニスのモンテカルロ・マスターズは22日、シングルス決勝を行い、世界ランク36位・錦織圭(日清食品)は同1位のラファエル・ナダル(スペイン)に3-6、2-6でストレート負け。4大大会に次ぐ格付けの「マスターズ」初制覇はならなかった。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 それでも、右手首の故障からの復調をアピール。世界ランク3位のマリン・チリッチ(クロアチア)、4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を連破するなど、“らしさ”を取り戻した錦織。ATP中継サイト「テニスTV」公式ツイッターが「ケイ・ニシコリ、君が帰ってきてくれて最高だ」とつづり、今大会での「ホット・ショット」9選を取り上げている。

 動画はまずは世界ランク18位のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)との1回戦でのドロップショットからスタートした。第1セットを落としており、そこからの大逆転。まさに快進撃のきっかけを生み出した巧ショットだった。

 続いてチリッチ戦からは2本。ラリーの応酬から強烈なフォアハンドのクロスを叩き込んだ。もう一本は、左右に振られながらバックハンドで懸命にリターンすると、最後は前に出てきた相手に再び強烈なクロスを見舞ったシーンだった。

 ズベレフとの死闘からは5本がピックアップ。ドロップショットに食らいつき、錦織も絶妙にネット際に落とし返しポイントを奪った。ラリーの応酬から最後はバックハンドでのダウンザライン。飛び上がりながらのバックハンドでのドロップショットなど、いずれも錦織らしさが存分に発揮された、巧みなショットのオンパレードだった。

 そして決勝のナダル戦からも1本。クレーコートの王者を左右に振って、最後は飛び上がりながらのフォアハンドウィナー。ナダルを慌てさせた。

 確かな復活を感じさせる準優勝。次戦は14、15年に連覇した相性のいいバルセロナOP。復活Vへの期待がにわかに高まってきた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー