[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷と同い年、MLB3年目の23歳新鋭の“曲がりすぎカーブ”に米驚愕「えげつない」

米大リーグでの圧巻の変化球が話題を呼んでいる。18日(日本時間19日)のインディアンス-ツインズ戦。ツインズの23歳右腕、ホセ・ベリオス投手が得意のカーブを披露。MLB公式ツイッターが動画付きで速報すると、ファンからは「この曲がりはえげつない」と驚愕の声が上がっている。

ホセ・ベリオス投手【写真:Getty Images】
ホセ・ベリオス投手【写真:Getty Images】

実況も「この投球ではノーチャンス」と唖然、ツ軍べリオスの魔球カーブが話題に

 米大リーグでの圧巻の変化球が話題を呼んでいる。18日(日本時間19日)のインディアンス-ツインズ戦。ツインズの23歳右腕、ホセ・ベリオス投手が得意のカーブを披露。MLB公式ツイッターが動画付きで速報すると、ファンからは「この曲がりはえげつない」と驚愕の声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 2回1死、インディアンスのペレスへの一球だった。2ストライクと追い込んでからの3球目。べリオスが右腕をしならせながら投じた球は、内角のボールゾーンから急激に変化。外角低めまで大きく、鋭く曲がった。

 追い込まれていたペレスだったが、内へ来ると思ったか、踏み込めない。ストライクゾーンの球を見逃すしかなかった。実況アナウンサーも「この投球ではノーチャンス」と称賛するカーブだった。

 MLBは「ホセ・ベリオスが本拠地で納得の一球」と題して速報。返信欄では「この曲がりはえげつない」とMLBファンも度肝を抜かれたようだ。

 べリオスはメジャー3年目の有望株。1994年生まれで、エンゼルス・大谷翔平投手とは同い年になる。昨季のWBCに出場し、プエルトリコの準優勝に貢献。シーズンでは14勝を挙げ、ブレイクを遂げた。今季は2日のオリオールズ戦で完封するなど、すでに2勝。この日も7回まで投げて、3安打無失点と圧巻投球を披露している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集